二月の丘

あれは遠い昔話 それとも昨日みた夢
若者は神秘の森に 迷い込む私見た
心狂わすその香り 娘たちを惑わせて
いつしか誰も胸焦がす 淡い午後の出来事

あなたへつのる いとしさ抱きしめ

ティールナ・ヌォーグ 永遠の思いは 心さまよわせるだけで
時の止まるそこはきっと 夢の戻り道 二月の丘

風にさらわれた帽子を 追いかけて森へ駆ける
その時ふいによみがえる かすかに甘い記憶
言葉もなく手を伸ばして やわらかな髪に触れた
黒い水晶の瞳に 私だけを映して

いとしいあなた 去りゆく筈がない

ティールナ・ヌォーグ 永遠の流れに 触れた心帰らぬまま
光踊る そこはきっと 夢の通り道 二月の丘

ティールナ・ヌォーグ 山査子(さんざし)の葉かげに 今も響くその足音
森にとらわれて流した涙 朝露にとけて

ティールナ・ヌォーグ 永遠の思いは 心さまよわせるだけで
時の止まるそこはきっと 夢の戻り道 二月の丘