愛がひとりぼっち

なみだくん 彼に告げて
愛がずっと ひとりぼっちよと

口びるあなたのシャツ 押しあてて
ギリギリ心のそば 近づけば
落ち葉が舞い散る街の 風の中
もう ふたり動けない
見つめて見つめて胸のベール
奥に誰が住んでいるのかを
言葉じゃ気持ちは 届かないでしょ
そっと触れて いいの
ねぇ 誰か 彼に告げて
愛がずっと ひとりぼっちよと

自分が傷つくのなら 平気だね
誰かを泣かせたら 悲しいね
とまどう あなたのそんなやさしさが
もっとつらいトゲになる

若さは素敵と みんな言うわ
恋も夢も 明日君のもの
だけどこぼれる 今日の涙が
胸に落ちて痛い
ねぇ 誰か 彼に告げて
愛がずっと ひとりぼっちよと

若さは素敵と みんな言うわ
恋も夢も 明日君のもの
だけどこぼれる 今日の涙が
胸に落ちて痛い
ねぇ 誰か 彼に告げて
愛がずっと ひとりぼっちよと

なみだくん 彼に告げて
愛がずっと ひとりぼっちよと