雨上がりの空の下で

雨の中見上げたら 悲しみが流れ落ちた
足下の泥の流れ 映し出すのは空の色
こびりついた錆の色と 輝きが 色あせる
しがみついた思い出から 笑いながら顔が消えた
雨上がりの中にひとり 望んだはずが寂しくて

晴れた空 貼り付いた薄い雲が 輪を描いた
足下の水の流れ 空の色しか映さない
しがみついた思い出から 作り笑い 顔が消えた
晴れた空の下にひとり 夢見た場所のはずだった

プライドのかたまりが
雲だけ映す水鏡の輝きに手を伸ばし 掴めずに泣いている
晴れた空の下にひとり 泣きながら夢を見る
晴れた空の下にひとり 泣きながら夢を見る

紅く染まる雲の向こう ひとりきりの夜へと続く
感情の最前戦が 夜が来るたび押し寄せる

今日も晴れた空の下で 作り笑い顔が消えた
晴れた空の下にひとり 夢見たここには何もない
今日もプライドのかたまりが 泣きながら夢を見る
晴れた空の下にひとり 泣きながら夢を見る