夜間飛行

今夜はこの街を発つから
みんなには内緒で君のとこに来たんだ
君があんまり泣いてるから
ほっとけないよ さあ一緒に行こうか

野を越え山を越えて
君のその悲しみも越えて
加速すんだ あとにはなんにも残んないよ
目の前には星空

飛んでいくんだ 飛んでいくんだ ほら
流星群が 流星群が見えた

夢のようなこの世界が
僕らを待つんだ 僕らを待つんだ

最初の一歩踏み出せば
きっとそっからは自由に行けるよ
最後のひとりになっても
きっと大丈夫さ 君ならやれるよ

なんべんも そうもうなんべんも
同じ夢を見ていた僕らは
気づいたんだ 正解は胸の中にあって
ずっと僕らを待ってた

飛んでいくんだ 飛んでいくんだ ほら
一等星が 一等星が見えた
泣いているんだ 泣いているんだ ほら
一緒なんだ 一緒なんだ僕も

夢のようなこの世界が
僕らを待つんだ 僕らを待つんだ