summer visit

飾らない言葉捜して
歯をみがいて顔も洗って それから
ベッドの上で電話をかけて
今日のぬくもり思い出してる
この部屋の窓からは何も
感じとれるものはないから
目を閉じて浮かべてみるよ Uh…
二人を包んでいた空を
見つけて欲しいよ
やさしさの居場所を

夜明けはもう早くて
気がつくと夏になってた
そして
going to the sea
going to the ocean
going to the dream
going to your dream

あの夏 夜明けまで
ずっと 手を握っていたね
きっと
going to your dream
このままでいるのかな 幸せな夢を見る

泳ぎをまた見せてあげたい
水着も選んで欲しい
しなやかな二人のポーズ
不自然な動きは何もなくて

おしゃべりを友達としても
買い物や食事してるときも
無駄にしてる訳じゃなくて
大切な瞬間を待ってる
届けて欲しいよ
夏への招待状を

この頃 夜明けごろ
そっと 耳を澄ましてみる
きっと
going to the sea
going to the ocean
going to the dream
going to your dream

必ず夜空を一度は 眺めることにしてる
深呼吸をして 夏をむかえる
袖なしの ワンピースを着よう

夜明けはもう早くて
気がつくと夏になってた
そして
going to the sea
going to the ocean
going to the dream
going to your dream

あの頃 夜明けまで
ずっと 話していた
深呼吸をして 夏をむかえる
袖なしの ワンピースを着よう