スキーの唄

胸にちらちら 処女雪粉雪
こゝろ こまかに
こゝろすがしく 降りつもる
サッサ サラサット 辷(すべ)ろよ辷ろ
オウオウ!仰ぐ 仰ぐ高嶺は未だ遠い

雪の高原 くまなく晴れて
空の青さに
空の高さに 血はおどる
サッサ サラサット 辷ろよ辷ろ
オウ!ゆかし ゆかし乙女の雪の肌

辷ろ銀盤 スキーの乱舞
おなじ思いで
おなじルートを 後や先
サッサ サラサット 辷ろよ辷ろ
オウ!夢の 夢のシュプール何処までも

辿る峠を 茜に染めて
遥るか彼方に
遥るか麓に 陽が沈む
サッサ サラサット 辷ろよ辷ろ
オウオウ!赤い 赤いペチカの火が恋し