JOURNEY

我れ行く処(え)に あては無く
人も岐(わか)れゆく 遥かな道
旅立つ身を送る時
帰り来る駅はなぜに見えない

大空を駆け抜けたまぼろしは
世の中を憂うように
何かを語るだろう

とうに忘れた幼き夢はどうなってもいい
あの人に守られて過ごした時代さ
遠い過去だと涙の跡がそう言っている
またひとつ夜が明けて
嗚呼 何処(いずこ)へと“Good-bye Journey”

雲行く間に 季節(とき)は過ぎ
いつか芽ばえしは 生命(いのち)の影
母なる陽が沈む時
花を染めたのは雨の色かな

寂しくて口ずさむ歌がある
名も知らぬ歌だけど
希望に胸が鳴る

きっと誰かを愛した人はもう知っている
優しさに泣けるのはふとした未来さ
今日もせつなく秋の日差しが遠のいてゆく
さよならは永遠(とわ)の旅
嗚呼 黄昏の“Good-bye Journey”

とうに忘れた幼き夢はどうなってもいい
あの人に守られて過ごした時代さ
遠い過去だと涙の跡がそう言っている
またひとつ夜が明けて
嗚呼 何処へと“Good-bye Journey”