一粒の種

一粒の種に 一粒の種に
ちっちゃくていいから
私もう一度
一粒の種になるよ

出会って 語って 笑って 泣いた
生きててよかったよ
あなたのそばでよかったよ

一粒の種は風に飛ばされ
どっかへ行ってしまうけれど
あなたへと辿る 確かな道を
少しずつ 舞い戻って
丘の上から あなたにだけ見える
闇にも負けない光を放とう
ささやかな日々に 愛をもらった
私にはそれができる

一粒の種に 一粒の種に
ちっちゃくていいけど
あなたにだけ
気づいてもらえる種になる

痩せた頬にもう涙を流さないで
震える声でもう語りかけないで
私は笑顔で あなたを見ている
私を愛するあなたを 見ている
心配ばかりかけて ごめんね
淋しい思いさせて ごめんね
そろそろあなたを 次の場所で
喜ばせてあげるから

一粒の種に 一粒の種に
ちっちゃくていいから
命の種に 必ずなるから
すぐそばにいるから