STARS

ヘッドライトのゴールドとテールランプのレッド
夜こころ解かれぬままきみの眠るベッドへ
胸の火薬に火がついてはかないいのち燃えて

地球が少しだけふたりの指で回る

星くずのシーツに素肌あわせて眠りつくまで
そっと愛のなかでだけ生きる短さを忘れてゆくだろう
きみがそばにいればいい

街を春が笑い飛ばす 派手なせりふで
吹き荒れる風にさらされ歩いてゆくのさ
高い空に破れた夢舞う日も会いにゆけば

世界が少しだけふたりの指で変わる

星くずのシーツに素肌あわせて眠りつくまで
だれも愛のなかでだけつめたい夜の暗闇と
静けさに震えるのだろう
愛のなかで星くずのシーツに素肌あわせて眠りつくまで
きみと愛のなかでだけ生きる短さを忘れてゆくだろう
ほかになにが欲しいだろう