It's a fine day

交わされた密約 訪れる運命 カタチじゃない 見えないもの

伝説の神話を 種明かしするような 背くサイエンス 夢の終わり

やがてそれは 海の深い場所へと
怖いほどの“透明”
音をたてて 動き出した輪郭
止まらない 紺碧の渦

fine day────
僕らの空が 同じ色で煌めくのなら
その瞬間に 時空を越える
僕らは過去と未来の 境界線に捕らわれて
大切なものを ただ探した

研ぎ澄ます存在 体ごと揺さぶる もう一つの 視線の意味

不規則な鼓動に 隠された真実 遙か彼方 キミの為に

握りしめた この手を放さないで
怖いような“楽園”
声はいつか エマージェンシーへと
交差する 二つの時間

fine day────
僕らが呼んだ 眩しいようないくつかの名前
口にしたなら 明日も変える
僕らに残されたもの それは完全な愛情
願いは今 一つに変わるよ

fine day────
僕らの空が 同じ色で煌めくのなら
その瞬間に 時空を越える
僕らは過去と未来の 境界線に捕らわれて
大切なものを ただ探した