シャボン

足元転がっていた 自分のモノ 自分を欺いていた嘘
足元溜まっていた 自分のモノ 汚れて流せないまま

何も言えない事に慣れていけば 言葉は消える
だけど体に流れているモノは 何一つ消えない

体を駆け巡る命の衝動 胸を焦がす鼓動(おと)になる
叫びたい叫べない焼きつく声が ただ一つの歌になる

いつからこうなっていた 崩れたモノ 形も思い出せはしない
どこからこうなっていた 壊れたモノ 探した自分の欠片

いつか誰かがこの世界を変えてくれると言うの?
自分が歩いて残した足跡 辿り着く今を

手に残る確かな熱をもつ痛み 立ち上がる為の息吹
声なき声 言葉を超えた叫びが その在処を示すから

体を駆け巡る命の衝動 胸を焦がす鼓動(おと)になる
この身体この声の全てを捧げ ただ一つの歌になる

いつか消えてなくなる
いつか泡となる
いつか弾け消えても
歌が残るから