カノエラナ「歌楽的イノセンス」の歌詞一覧リスト

曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
思春期中二話症候群 新曲カノエラナ 新曲カノエラナカノエラナカノエラナ先延ばした諸問題を 面倒だから煮て焼いて食って やり残した課外活動 年相応の妄想ばかり  真っ白な答案用紙 力量ならこいつで測るべし かしまし増し増しの特盛では お腹が減るの 思春期だから  散々増えてった 絶望の中庭 池には鯉、恋?んな訳ない 実に生らない授業はそっちのけ 桃栗3年だ 夏期講習なら見過ごした わざとじゃないよ 無い脳内暴露 支離滅裂 コケッコ おはよう世界  麗かな季節と共に生きる最悪の人生 首紐をこさえて喚く犬によく似てる  綺麗事校内放送 汚い事教室の片隅 隅々までお掃除しましょうね 反吐が出そうよ 集団行動  散々しけ込んだ 絶望の中には いけない恋、行為 陰帽子 クラウチング廊下を爆走中 キンコンカンコンと 遮断機は降り立って 無い胸をそっと撫で下ろした 108P 今日は おやすみ世界  他人とは違っていたい そうは思っていても制服は 明日も明後日も明明後日も 脱げないあたし まだコドモだから  散々増えてった 絶望の中庭 池には鯉、恋? んな訳ない 実に生らない授業はそっちのけ 桃栗3年だ 夏期講習なら見過ごした わざとじゃないよ 無い脳内暴露 支離滅裂 コケッコ おはよう世界  散々でも良いんだ 絶望の中二話 来世は濃い、請い、青春を! 日の当たるカーストで青春を! ...なんてね冗談だ 嘘800でも足りねぇんだ あたしはあたし、当然だもの ビスケットはポケット おやすみ世界  先延ばした諸問題を 面倒だから煮て焼いて食って やり残した課外活動 年相応の妄想ばかり
ラブレターヤブレタ 新曲カノエラナ 新曲カノエラナカノエラナカノエラナラブレターならば 敗れた恋なら きっとサヨウナラ  誰かに迷惑を掛けるよりも 神様に縋る方がマシでしょ 不器用な癖に譲り続けて あたしはまた独りになっていく 本当のことを奥に飲み込んで 日が経つ程に取り出し辛くて “言わなくても分かってよ”なんてね 最低なあたしのエゴだよ  どうやったって世界の隅っこで “出逢ってしまった”が 最初で最後の始まりだ  ラブレターならば破れた 恋ならきっとサヨウナラ 手を伸ばしたら 届く距離にいるのに どうして“他の誰かじゃ嫌” 抱き寄せた 抱き締めた こんなに切ない夜が怖いのに いつだってあたし 自分を後回し  中身の無い話に花が咲き 駆け引きして摘みあげた気持ちに 上がり下がり振り回されたのは 椅子取りゲーム 後出しはナシ  じゃんけんぽんで勝負が決まるなら そっちの方が良い 心を折るよりマシだから  ラブレターならば破れた 正面から割った面の皮 本音を言えば みんなが傷付くのに どうして“他の誰も触るな” なんでだろう 涙がさ こんなに溢れて止まらない夜は どうしたって君の 居場所を探してる  背中を押してたつもりでいた 良い子でいるように我慢もした それでも暴れ出す 正直な身体は走り出す 望んでも良い? 君の隣にいる事  ラブレターならば敗れた恋なら きっとサヨウナラ 手を伸ばしたら 届く距離にいるのに どうして“君じゃなくちゃ嫌!” ラブレターなら空っぽだ 隙間は君が埋めたんだ これから先はちゃんと口にするか ラブレター 全部要らないや 抱き寄せた 抱き締めた こんなに切ない夜に 2人きり いつだってあたし 君のことが…  ラブレターならば
グラトニック・ラヴカノエラナカノエラナカノエラナカノエラナ4時4分44秒 地球が何回回った日 地縛霊ですか 金縛りですか 眼鏡が無いからオバケも見えない 然う然う 変わらない日々に 早めにサヨウナラしなくては 嗚呼 ワンエンツーで FIRE  マッチに火が灯れば 思い出してしまうわ あんなことやそんなことまで あら何を想像したのかしら  諧謔的ルーチンルーチン お空は青いのね つまらないものは詰まってないから要らないわ ねぇダーリンダーリン お隣の芝生が そんなに青いなら 庭師にでもなってきやがれ  何度何度もお手紙書いては ちゃんとポストに入れてるのに 白ヤギさんかな黒ヤギさんかな 読まずに全部胃の中の蛙へ コンコン 犯人捜せ!と狐も大蛇も水を差す 嗚呼 五月蝿い LIAR  所詮は他人同士 上手に弄り合い 裏表の裏の表が 二律背反と添い寝する  非科学的超常現象 酔って記憶が無い? どんちゃん騒ぎで無くした財布は戻らない ねぇスリーピングスリーピング どんな夢見てるの 幸せそうな顔 永遠に御眠り下さい  まずは食材を用意する カプリット シェボン フロッグミート フォックスミート スネイクミート 最後に嘘つきのカタマリを 砕いて衣につけて FLY FRY FRY  マッチに火が灯れば 思い出してしまうわ あの日の甘い言葉さえも 井の中のナニカは私ね  散文的ガストロノミー 救いの無い喜劇を 消化する為に作ってみたんだフルコース 嗚呼 ルーチンルーチン 生まれたら死ぬまで いただきますからごちそうさまへ お腹が一杯になるまで 私が本当の愛を知るまで
天高く響け 青嵐の様に 新曲カノエラナ 新曲カノエラナカノエラナカノエラナ鮮やかに散りばめるヒトヒラ 風に舞い酔い濡れるトコヤミ 一瞬の逢瀬さえ許してはくれなかったね 嗚呼 見事に咲く真紅にも終わりが あることを知っていたんでしょう  この目に(この腕に) 見えるのは(抱くのは) 綺麗なモノばかりじゃないけれど 振り返り(其処にある) 築いたのは(気付いたのは) 焼き切れない春の日  天高く響け 青嵐の様に 目まぐるしくうつる世は まるで流星群 置いていかないよ 少し眠るだけ この手は一生離さない  あの日見た強烈なヒカリも 楽しげに笑い合うキオクも 今はただ微睡(まどろみ)の中で温もり探すだけ 足元に媚びて這いずる痛みが あることを知っていたんでしょう  一人では(お互いに) 出来ないこと(高め合う) 護りたいと思うこの気持ちが 弱音さえ(傷痕も) 言えないくらい(癒えないくらい) 強く盛る灯火  優しく轟け 爽籟(そうらい) の様に 呪いを宿す人惑わしの金木犀 掻き集めてきた憎しみも今は 大海原を漂っている  この目に 見えるのは 綺麗なモノばかりじゃないけれど 首落ちて鳴く椿を 抱いて泣いた冬の日  天高く響け 青嵐の様に 目まぐるしくうつる世はまるで流星群 置いていかないよ 少し眠るだけ 閉じる瞼を見送ったまま この手は一生離さない
ヤコウレッシャカノエラナカノエラナカノエラナカノエラナあたしとあなたの足元には 固く結ばれた紐があって 同じ速度で走れる様に あたしのペースに合わせてくれた 一人じゃどうしようもないあたしを 笑うことを辞めてたあたしを 真夜中に浮かんでたあたしを あなたはスプーンで掬ってくれた  ガタンゴトンガタンゴトン このままいつまでも ガタンゴトンガタンゴトン 身を任せていたい それなのに神様は首を振る  夜行列車からサヨウナラ お乗り間違えの無い様ご注意を 出発のベルが鳴って 身体は逆に傾く いっそこのまま飛び降りてみたら あなたは振り返ってくれるかな  意外にも丈夫な心はさ 簡単に壊れたりしなくて 普段通り期待に応えてさ 沢山の希望を運ぶんだ  ガタンゴトンガタンゴトン いつもの待ち合わせ ガタンゴトンガタンゴトン 通り過ぎてしまう 流し込んだゼリー味がしない  誰かのせいに出来ていたら 今よりずっと 嗚呼きっと楽でしょう あなたが居ない日常が 日常になりそうで 地上に這い上がれないあたしの 足元を夜風が掬って逃げた  嗚呼 それでも止まらずに 走る 走る 走る するりと解けた紐はあたしが このままずっと持っておくよ  夜行列車からサヨウナラ お乗り間違えの無い様ご注意を 出発のベルが鳴って 身体は逆に傾く いっそこのまま、いや 止めておこう これ以上は唯の我儘になる 空っぽの日々に光をくれた あたしのずっとずっと好きな人 涙が枯れる頃には あたしは強くなってる どこかの駅でまた交わるまで この輝かしき日々にサヨウナラ この輝かしき日々にサヨウナラ
キンギョバチカノエラナカノエラナカノエラナカノエラナ-青年 嗚呼君は 一体何処に向かってんだい?- 照明 おぼつかない足元に確かな光が欲しいのに 正面にあるのは この世界を囲んでる無色透明な壁 当然目に見えない 正しさを探れば誰かが笑って 公然 悪者は 揃いも揃って後ろ指刺されて 表面だけを見る 意味の無い講義を受けるだけの 無駄な時間ならば “このまま”  I say こんがらがったこの世界の果てで ニクを切らせては死を愛でる 正解なんて 無いのに 溶けた 酸素だけじゃ 息が出来なくなるから さぁ どうする? 幼い僕の声は 哀れにも水に落ちた 夏の虫だ 濡れた羽根は 時と共に沈む  -青年 嗚呼君は 一体何を見つけたんだい?- 照明 おぼつかない足元に確かな光が灯ったら 正面にあるのは この世界でただ一人無色透明な君 突然動き出す 歯車の群れは同じリズム刻み 必然かの様に 溜息と煙を酒の肴(あて)にして 一面を飾った 誰が書いたのかも分からない文字を 得意気に嘯(うそぶ)く  I say とうに狂ったこの世界の縁(ふち)で 交差したのは 春の縁(えにし) 季節は戻らないから あとは進むだけなのに もがけば囚われて 閉じた心に触れた瞬間 君と結んだ運命 簡単に真相究明 出来ない  -世間の興味 祭りの賞味 忘れ去り 金魚鉢- “今更”だって “手遅れ”だって 誰かがやらなくちゃ 誰も動かせない“未来” 泣けないね 苦しいね 逃げたいね 頼りない僕の手を取って “このまま”  こんがらがったこの世界の果てで ニクを切らせては死を愛でる 正解なんて 無いのに 溶けた 酸素だけじゃ 息が出来なくなるから とうに狂ったこの世界の縁(ふち)で 交差したのは 夏の終わり 繋がり合った 縁(えん)を 共に 止まりながらも 歩いて行くよ 正真正銘 正真正銘 終わりを終える  -青年 嗚呼君は いったい何処に向かって…-
心に愛論 新曲カノエラナ 新曲カノエラナカノエラナカノエラナココロにアイロンかけましょう  旅の目的なら 相当 新鮮な憎しみを持って上昇 身の丈には合わずとも 出し惜しみじゃ 箪笥の肥やしでしょうよ  このまま駆け上がってく 光り輝く頂に 両足をとられようと 袖を千切られ ほつれたら ただ裸になるだけ  ココロにアイロンかけましょう シワシワのクチャクチャじゃ 当分前など向けないよ 自分で涙を拭いて 自分で立ち上がるのさ 酸っぱい檸檬齧って 目を覚まして Oh 特注 Loser 挑め!  遅刻スレスレの裾を 理性ある限り抑えつけるよ しつけ糸がなっていない様 目先の欲でめくりあげた本能  もっと強くならなくちゃ 大切なモノ守る為に 両目が捉える範囲 一瞬のズレも空間もみっちり 織り合わさって  ココロにアイロンかけましょう 怒りだけじゃこれ以上 進むことなどできないよ 助けていた筈なのに 助けられていたのはさ 本当は分かってたんだ もう逃げるか Oh my girl winner VENUS  何の変哲も無い日常 くだらない約束と思うだろう それでも 譲れないモノだからさ そのついでに世界も仕立て直してしまおう 終おう  ココロにアイロンかけましょう シワシワのクチャクチャじゃ 当分前など向けないよ 自分で涙を拭いて 自分で立ち上がるのさ 酸っぱい檸檬齧って 目を覚まして Oh 特注 Loser  心に愛論掛けましょう きちんと着こなしてこそ 襟も信念も折れないよ 何度よれて曲がろうが 何度も通わせるんだ 山折り谷折り 世の理 Oh 再放送の 人生!
無垢なる主人のpuppet show 新曲カノエラナ 新曲カノエラナカノエラナカノエラナwake up in the morning 深い眠りはもういい ネジを巻いてくれた 嗚呼 you're my master 鳥籠の中 108跳び sing a song さぁこの手を取って escort して頂戴  夢の箱には 冴えない私 身を乗り出したら壊れてしまいそう それでも私は私の力で 崇高な少女になってみせるわ 指切りをしましょう  三月兎は放っておいて 沈まぬ夜に接吻を 病める時も 粋美な tart 齧りましょう 唆されて手折ったのが 全ての始まりと悟った 嗚呼 my master tea time には愛情を頂戴  i remember you 何度 忘却の湖 鏡越しでも分かる you're my master ずれていく 毎秒 時計もかちこち sing a song 嗚呼 月日が経っても do you remember me?  金の箱庭 小さな楽園 同じ生物ではない二人だけど それでも私は私の心を信じて 遊戯に勝ってみせるわ 絵本に記しましょう  三時のおやつは放っておいて 禁忌の森で口笛を その音を聴いた 薔薇は牙を剥き出して “出逢わなければよかったな”と どうしてそんなことを言うの? 嗚呼 my master tea time には間に合わない  その眼には 似合わない水 瞬きをしたら溢れてしまいそう それでも私は 貴方が好きです どうしようもない程 澄んだ水面に さようならをしましょう  三月兎は放っておいて 沈まぬ夜に接吻を 病める時も 粋美な tart 齧りましょう 唆されて手折ったのが 全ての始まりと悟った 嗚呼 my master tea time には帰らない  何時だって思い出せるのは 戻らぬ日々と紅茶の味 ねぇ master 少し入れ過ぎた砂糖 95度の幸せ いつかまた 逢える日まで
ラフレシア 新曲カノエラナ 新曲カノエラナカノエラナカノエラナ汚い汚い この街全部 汚い汚いモノで溢れている 汚い汚い 僕は特別 汚い汚い彼奴等とは違う  汚い汚い 誰も知らない 汚い汚い心の奥底を 僕は僕は 僕さえも知らない 僕を 君は暴こうとしている  触らないでくれよ 甘い香り  月が膨らんだ夜に 手を繋いだ怪獣は 番でもないのに身を寄せ合い 傷を舐め合うだけ 汚し合うだけ 土足で踏み荒らした 花壇には人一倍大きなラフレシアが咲く  たった一度血迷っただけ 抜け出す為に近道をしただけ 理解し難い言葉の酒に 年甲斐も無く 唯酔っていただけ  最低な僕を 認めないで  月が萎んでいく朝に 独り鳴いた怪獣は 明日の約束さえ待てず 涎垂れ流し 剥き出し 本当の僕は 罪悪感など無い 君が眼鏡を外して微笑んでくれるのならば  天使と悪魔は囁いた 普通の幸せもあるよ と けれど一生後悔するくらいなら その手を取ればいい と  どうして追ってしまうんだ 何も映さない瞳 汚いこの街で 唯一 僕の本音を認めてくれた君を 僕は君を  月が膨らんだ夜に 手を繋いだ怪獣は 番でもないのに身を寄せ合い 傷を舐め合うだけ 汚し合うだけ 土足で踏み荒らした 花壇には人一倍大きなラフレシアが咲く
秋の空またはオレンジの夕暮れ 新曲カノエラナ 新曲カノエラナカノエラナカノエラナディスタンス 出来ない僕等の カーテン越しの催眠術を 誰も知らない 袋とじを開ける様に おそるおそる紐を緩めた  されるがまま いわれるがまま 背伸びした憧れを舐めしゃぶって 見て見ぬフリした 泳ぐ目の中 サカナが懸命に跳ねる  はじめてのキスは涎の味 甘いだの酸っぱいだのマボロシ 2リットルのパックにストロー突き刺して 飲んだコンビニの安いジュースのほうが 釣りが来るかもな  事実 小節よりも 無防備にリズム乱す心地は 如何? 普通じゃ嫌という普通 無個性 独占欲だけがタイムライン  捲れ上がる 真っ白な海 ろ過して残った砂の城 日焼け痕はすぐに思い出になる それより証拠が欲しい  おしりを出した子が 1等賞 ならば少し大胆でも良いでしょう 笑って泣いて擦って吐いて情緒を剥き出して 汚いとこを見せ合って冷めるなら 多分そこまでだ  興味本位の 先の先の先 手放したく無い未来があるのなら 傷付くのも承知で 転がるのも吉 運命はこの手の中に  はじめてのキスは涎の味 甘いだの酸っぱいだのマボロシ 2リットルのパックにストロー突き刺して 飲んだコンビニの安いジュースだろうが 理想と違おうがどうでもいい 今はこの高鳴りを止められない 嗚呼 最低で最高なディスダンス お相手は 秋の空またはオレンジの夕暮れ
このアーティストのアルバムを見る

リアルタイムランキング

  1. 新時代
  2. 風のゆくえ
  3. ベルベットの詩
  4. 世界のつづき
  5. Tot Musica

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 新時代
  2. ウタカタララバイ
  3. Scream
  4. 逆光
  5. 私は最強

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照