高橋優

誰にも期待されてないくらいが丁度いいのさ。

つばさではないと言われたことがある
羽ばたくようにしてみせたのに
(笹井宏之・歌集『てんとろり』より)

 こちらは歌人・笹井宏之さんの短歌です。自分がつばさだと信じてきた何か。いつかそのつばさで羽ばたいて向かおうとしていたどこか。いつかそのどこかで出会えたかもしれない誰か。しかし、その“可能性”を認めてほしくて、期待してほしくて「羽ばたくようにしてみせたのに」周りの人から「つばさではない」という言葉を放たれたとき、あなたならどうしますか? つばさを恥じて、たたんでしまいますか…?

 さて、今日のうたコラムでは、この短歌の主人公にも届けてあげたい新曲をご紹介いたします。2018年5月30日に“高橋優”がリリースしたニューシングルのタイトル曲「プライド」です。尚、この歌はNHK Eテレのアニメ『メジャーセカンド』のエンディングテーマとして書き下ろされた楽曲。野球という道で戦う主人公・茂野大吾へ、それぞれの今で戦うわたしたちへ、高橋優が綴ったのは一体どのようなメッセージなのでしょうか。

君ではダメだと言われてしまったか?
君じゃない人の方がいいと諦められたか?
そんな言葉を本当だと思うのか?
まだやれるのにチキショーと叫ぶ心はあるか?
「プライド」/高橋優

 歌の冒頭で放たれるのは<君>への4つのクエスチョンです。真正面から激しい言葉で発破をかけてくれているようでもあり、隣に座ってそっと問いかけてくれているようでもあり、聴く人によっていろんな受け取り方ができますね。ただ、いずれも“事実”と“本音”にちゃんと<君>が向き合うためのクエスチョンであることに間違いはありません。

 まず1つ目の<君ではダメだと言われてしまったか?>という問い、2つ目の<君じゃない人の方がいいと諦められたか?>という問い、これらは起こった“事実”に対する言葉ですね。先ほどの短歌なら「つばさではないと言われたこと」でしょう。その“事実”で傷ついたのに、目を背けて逃げている。高橋優はそんな<君>に改めて起こった“事実”を確認させるのです。

 なんのためにそんなことをするのか。それは、その“事実”がただ単に“誰かの言動”でしかないのだと気付かせるため。だからこそ3つ目に続くのが<そんな言葉を本当だと思うのか?>という問いです。これはクエスチョンというより、反語。そんな言葉を本当だと思うなよ、事実と本当は違うんだぞ、という叱咤激励です。そして<まだやれるのにチキショーと叫ぶ心はあるか?>と、起こった“事実”に<君>が抱いている“本音”を揺さぶり、立ち上がる意志に火を灯すのが4つ目の問いなのでしょう。

挑んで失敗して繰り返す人よりも
何もしないでそれをあざ笑う人ばかりなんだ
他人の間違いという名の甘い蜜を
貪り続けていくことは幸せなんだろうか?

心から君と何度も笑い合っている
瞬間を思い描きながら今日を生きているよ
叶わないと信じてりゃそりゃ叶わないよ
叶うと信じるところから夢は始まるのだろう
「プライド」/高橋優

 また、譲れない何かに<挑んで失敗して繰り返す>ことを、誰かの言動なんかで諦めることが、いかにバカらしいかを教えてくれるのもこの歌。世の中は<何もしないでそれをあざ笑う人>や<他人の間違いという名の甘い蜜を貪り続けていく>人ばかり。そんな奴らの言葉に耳を傾けて、それを<本当>だと思っていたら、それは自分に自分で<叶わない>と言い聞かせて信じているのと同じこと。負のおまじないをかけているのと同じことです。

立ち上がれその心よ
焼き尽くせ命の火を
どこまでもいけるよ君が望むのならば
なにもかも叶えにいこう
そしてまた笑い合おう
その真逆を煽る風が吹いているとしても
誰にも期待されてないくらいが丁度いいのさ
ここにいる意味を刻み込むのさ 何度倒れても
生きていく意味を作り出すのさ 何を失っても
「プライド」/高橋優

 それなら<誰にも期待されてないくらいが丁度いい>から、誰に何を言われたって、すべてに<チキショー>と叫びながら、立ち上がり、命の火を焼き尽くし、自分だけは<叶うと信じ>て進むのみでしょう。また<誰にも期待されてない>のだから、うぬぼれや高慢や思い上がりなど、無駄な「プライド」も生まれることはありません。孤高に<生きていく意味を作り出す>一歩一歩。その積み重ねだけが、唯一の“誇り”となってゆくのではないでしょうか。

君ではダメだと言われてしまったか?
君じゃない人の方がいいと諦められたか?
そんな言葉を本当だと思うのか?
まだやれるのにチキショーと叫ぶ君が主役の
明日を さぁ始めよう
「プライド」/高橋優

 こうして幕を閉じてゆく歌。一見、冒頭と同じフレーズのようで、少し異なるのがわかりますね。クエスチョンは4つではなく3つ。これはもう“事実”と“本音”にちゃんと<君>が向き合うための問いではないのだと思います。この歌を聴いて、もうすでに“事実”とも“本音”とも、ちゃんと向き合った<君>が明日から<チキショー>と叫びながら生きてゆくための、最終チェック。背中を押すための言葉なのです。
 
 「君ではダメだと言われてしまった」方。「君じゃない人の方がいいと諦められた」方。そんな言葉で、自分がつばさだと信じてきた何かや、いつかそのつばさで羽ばたいて向かおうとしていたどこかや、いつかそのどこかで出会えたかもしれない誰かなど、あらゆる“可能性”を失うのはもったいない!どうか、高橋優の「プライド」を聴いて、自分だけの“誇り”を胸に、もう一歩前へ、進んでみてください…!

◆19thシングル「プライド」
2018年5月30日発売
通常盤 WPCL-12881 ¥1,200(税別)
期間生産限定盤 WPZL-31468 ¥2,000(税別)
グッズ付き数量生産限定盤 WPCL-12882 ¥2,500(税別)

<収録曲>
1.プライド
2.僕の幸せ
3.昨日の涙と、今日のハミング 
4.メガネツインズのテーマ/メガネツインズ(高橋優&亀田誠治)
「プライド」のMVは全編に渡って手描きのフルアニメーションと、物質の質感を切り取った実写映像とを融合するという制作手法で作られたネフェクト・アニメーションを駆使!
このトピックをシェアする