遊助

さようなら愛しき人、こんなにもこんなにも好きだなんて…。

誰もが気付いているよ 疲れ果てた笑顔も
無理してガンバルのも 無いワケじゃないから
頭で理解してても 気持ちが置いてきぼり
そんな日ありませんか? 俺はあるのです

もしあるならそのままで 耳でこちらを見て
なんとなくでもいいさ ありのままでいて
そこから空が見えるかい 風を感じれるかい?
優しい君だから 時に泣くのです

今日は明日より 弱さあるなら
朝日のように 立ち止まらずに
明日は今日より 強くなってるから
三日月のように 楽しみに 笑おうぜ
「流れ」/遊助

 “遊助”が約4ヵ月ぶりとなる、自身22枚目のシングル『流れ』を2017年3月8日にリリースしました。冒頭でご紹介した表題曲は、最近ちょっぴり頑張りすぎている方の心にそっと語りかけるかのような優しいミッドバラード調の1曲。<頭で理解してても 気持ちが置いてきぼり>…きっとみなさんにもいろんな事情でそんな日がありますよね。遊助自身も<俺はあるのです>と、その葛藤の想いを知っているからこそ、私たちに前を向くことを押し付けるようなことはしないのです。

 彼は、<そのままで 耳でこちらを見て>と歌います。何も気負わずなんとなくこの曲を聴いてみてほしいという想いなのでしょう。そして「空を見ろ」とも「外に出てみな」とも強要せず、ただ、今この曲を聴いてくれている人が、ふと仰いだとき空が見えたり、風を感じられたりしていたらいいなぁという祈りが込められております。そのときにもし<朝日>が見えたのなら、または<三日月>が見えたのなら、そうやって景色が“流れ”ゆくように、自分たちも笑いながらゆっくり歩いていこうよ、とそっと寄り添うのです。
 
 尚、「流れ」について遊助は「この『流れ』は、時の流れを前向きにとらえて、今日は楽しくなり、明日が楽しみになる曲に仕上がっているので、ゆったりと聞いてもらえたら嬉しいです」とコメント。なんだか今日は疲れたなぁ…という日にこそ、是非、聴いてみてください。さらに、今日のうたコラムではニューシングルからカップリングの「2=1+1」という新曲もご紹介いたします。こちらは胸がキューッと切なくなるラブソング…。

気付いたよ 住み慣れたこの部屋
独りじゃ広過ぎたね
教えてよ どこに何があるのか?
糸口さえ分からず困ってる

ふたりで決めた 行先は違うけど
ふたり見つめた 頬笑みも温もりも
なぜか瞳から消えなくて

じゃあなサヨナラ 僕の愛した人
何日でも何年でも 時を超えて
この涙乾く頃 また空に歌うよ
ありがとう 愛していたよ
でも僕らはきっと幸せになっていく
「2=1+1」/遊助

 描かれているのは、愛した人とお別れしたあとの“僕”の心です。住み慣れた部屋が<独りじゃ広過ぎた>こと、部屋の<どこに何があるのか>もわからず困ってしまうこと、<ひとりで作るメシ>が思った以上に難しいこと、今の自分の<楽しみはなんなのか>ということ、大切な人がいなくなってしまったから気付くことってたくさんありますよね…。しかし、この歌に満ちているのはその寂しさや哀しみを上回るほどの“感謝”の気持ち。

頑張れ 頑張る
踏ん張れ 踏ん張る
刻んだ時を無駄にはしないさ
いつしか どっかで
ばったり 会ったら
良い男になっているから
お互い笑い合おうな

さようなら さようなら 愛しき人
こんなにも こんなにも 好きだなんて
これから涙が溢れても拭って
言うよ ありがとう

生きる喜びをくれた人
また誰かのために生きる日々でしょう
この涙乾く頃 また空に歌うよ
ありがとう 愛していたよ
でも僕らはきっと幸せになっていく
「2=1+1」/遊助

 結果的には別れてしまったけれど、きっとこの二人はとっても素敵な恋をしていたのでしょう。そうでなければ<刻んだ時を無駄にはしないさ>なんてフレーズは生まれません。それに<さようなら>よりもずっと<ありがとう>の言葉の方が多く綴られているのです。タイトルが「2-1=1」ではなく「2=1+1」であることも、別れをちゃんと話し合って<ふたりで決めた>のだということが伝わってきます。失恋ソングなのに、誰かを好きになるって素敵なことだなぁと思わせてくれるラブソングですねぇ。
 
 「流れ」も「2=1+1」も、そしてもう1曲のカップリング「Only One」も遊助らしい視点で綴られた歌詞に心惹かれる作品となっておりますので、楽曲を聴きながらその言葉もじっくりと味わってみてください。

◆New Single「流れ」
2017年3月8日発売
初回生産限定A SRCL-9305~6 ¥1,850(税込)
初回生産限定B SRCL-9207~8 ¥1,850(税込)
通常盤初回仕様 SRCL-9209 ¥1,300(税込)
初回生産限定盤A、Bに付属するDVDにはタイトル曲『流れ』のミュージックビデオと、カップリング『2=1+1』からインスパイアされたショートドラマが収録。
このトピックをシェアする
遊助 関連トピックス