SCANDAL

新曲「A.M.D.K.J.」がアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』ED主題歌に決定!

 2020年2月12日にプライベートレーベル"her"より第1弾アルバム『Kiss from the darkness』をリリースするSCANDALが、11月29日(金)から12月1日(日)にかけてシンガポールで開催されているアジア最大級のJ-POPイベント「C3AFA Singapore 2019」の初日公演のヘッドライナーとして出演。

 ステージ上では今年3月にリリースしたシングル曲「マスターピース」や、過去にSCANDALが映画やTVアニメのタイアップソングを担当し、海外でも人気の高い「瞬間センチメンタル」、「少女S」、「夜明けの流星群」「HARUKAZE」を惜しみなく披露。

 その後、新曲「A.M.D.K.J.」(読み:あみだくじ)が、フジテレビ系TVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』の1月からのエンディング主題歌に決定したことを発表し、ライブ初披露を行った。

 「A.M.D.K.J.」は、作詞をRINA(Dr, Vo)、作曲をMAMI(G, Vo)が手掛けた、疾走感溢れるアッパーチューン。2020年1月5日(日)からアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』のエンディング主題歌として放送されるので、アニメと併せてお楽しみに。
 
 なお、「A.M.D.K.J.」は2月12日(水)にリリースとなるアルバム『Kiss from the darkness』に収録される。ライブのラストスパートは、今月11月6日にリリースとなった新曲「最終兵器、君」、ダンサブルなロックナンバー「テイクミーアウト」を披露、会場が一体感に包まれる中SCANDALのステージは終了となった。

 SCANDALは、来年3月よりアルバムを引っ提げたワールドツアー『SCANDAL WORLD TOUR 2020 "Kiss from the darkness"』を開催。この日のライブ終了後には、シンガポールを含むアジア公演の詳細が発表され、SNSには海外からも歓喜のコメントが寄せられた。更なる海外公演の追加情報は引き続きSCANDALオフィシャルサイトをチェック頂きたい。

ニュース提供:ビクターエンタテインメント
このトピックをシェアする
  • LINEで送る
SCANDAL 関連トピックス