言葉の達人

SAKUSHIKA

 達人たちは1曲の詞を書くために、言葉を巧みに操り、その時代を象徴する言葉を探した。その言葉は多くの老若男女の心を掴んで離さず、その歌は大ヒットした。
「孤独がつらく感じるとき」「愛することがよくわからなくなったとき」いつも、勇気と力を与えてくれた…、作詞家は言葉の魔術師である。そんなプロの「作詞家」の皆さんをゲストにお招きしてご紹介していくこのコーナー。
今回は、ジャンルを問わない詞曲編曲スタイルだけでなく、アニメのシンガーでもお馴染みの「宮崎 歩」さんをゲストにお迎え致しました。

宮崎歩

代表作

「ハダシの未来」/ 嵐
「FAKE」 「CANDY GIRL」 「IT'S TOO LATE」 「SPIRAL」/ 中島美嘉
「scream」 「cocoon」 「Shout in the rain」/ 土屋アンナ
「MAKE-OR-BREAK」 「ノーマター・マター」/ KAT-TUN
「Get Down」/ 今井翼
 その他多数。

作詞論

五感を刺激しつつ、少ない言葉で情景描写が出来るようにしています。日本語の響きを大切にしたいので、メロディーと一体化する言葉選びをするように極力心掛けています。どこかで誰かが、たまたま耳にするものですから、生きてるって大変だけど素晴らしいかも!と思える作品づくりを目指しています。

宮崎さんに伺いました。
Q:
作詞家になったきっかけは?
A:
元々、歌詞と曲がセットだったので、その流れから作詞だけの仕事も頂くようになりました。
Q:
プロ、初作品について
A:
20歳の時、W-NaoさんのCM曲の作詞が最初です。
Q:
作品を提供したいアーティスト
A:
いつかこの世を卒業したら、エルビスプレスリーに曲を聞いてもらいたいです。
Q:
あまり売れなかったが、私の好きなこの歌
A:
作品の良し悪しはともかく、全てが愛おしい子供のようなので、選べないです。
Q:
なぜ「詩を書くことを選んだか」
A:
小学校の頃に曲を作っていた時、ダミ歌で歌っていたので必然的に歌詞が必要になりました。
Q:
プロの作詞家になりたい人へのアドバイスを
A:
とにかく本をよく読む事ではないでしょうか。それと旅に出たり、たくさんの人や空気と触れ合う事や目で見て吸収する事が必要かと思います。街にいる時など、人を観察しながら勝手に物語を作って遊んだりするのも、結構鍛錬になります。
ひとりよがりにならないように、いろいろな人に自身の作品を見せびらかすのも良いです。人の人生に土足で入り込む可能性が多々ある職業、と言うと大袈裟かも知れませんが、そういう心積もりで臨んで行く時も必要だと思います。
歌詞を見る ハダシの未来 嵐

作曲家の父がコカコーラのCM曲を最初に書いた人物なのですが、この曲もそのタイアップでした。病床の父から、絶対に決めて来いと言われ、自分の方が先に昇天しそうな勢いで書きました。
結局、父には聞いてもらえませんでしたが、嵐のコンサートに呼んで頂いて会場で聞いた時、自分の創作の根っこのようなものを再認識出来たような気がしました。

■私の好きなあのフレーズ
「ハダシの未来へ このまま行けばいい」

PROFILE

宮崎 歩Ayumi MIYAZAKI

東京生まれ。
幼少の頃より作曲を始め、16歳の時オーディションでギターを歯と背中で弾いて業界入り。20歳で作詞家デビュー。25歳で作曲家としてヒット。作曲家活動と並行して1998年にアニメ「デジモンアドベンチャー」シリーズで挿入歌の歌唱を担当し、2009年南米ブラジルで延べ1万7千人のライブツアー、欧州でも根強い人気を誇る。ヨーロッパの作曲家達との共作や国内に留まらず、100年後にも世界中で歌われる楽曲制作に邁進中。テキーラとHEMIエンジンがあれば、2日間は寝ずにいられるが、低気圧と満月の日には機能停止するのが難点。

オフィシャルサイトAMS+

[CDリリース情報]

柴田あゆみ
「セツナ」

FUCD-1037 ¥1,260 (tax in)
2012.3.28 Release
M-3: 「ヒマワリ」

中島美嘉
「GREATEST LOTUS」

AIBL-9236〜7 ¥6,800 (tax in)
2012.3.28 Release
M-19:「FAKE」
M-39:「CANDY GIRL」

アニメ「デジモンクロスウォーズ」挿入歌
「Evolution & Digixros」

COCC-16466 ¥1,575 (tax in)
2011.6.22 Release
M-3: 「WE ARE クロスハート! ver.×7」(歌)

【これまで登場した作詞家さん】バックナンバー