言葉の達人

SAKUSHIKA

 達人たちは1曲の詞を書くために、言葉を巧みに操り、その時代を象徴する言葉を探した。その言葉は多くの老若男女の心を掴んで離さず、その歌は大ヒットした。
「孤独がつらく感じるとき」「愛することがよくわからなくなったとき」いつも、勇気と力を与えてくれた…、作詞家は言葉の魔術師である。そんなプロの「作詞家」の皆さんをゲストにお招きしてご紹介していくこのコーナー。
今回は、KARA「GO GO サマー!」「ジェットコースターラブ」、2PM「I'm your man」など最新ヒット曲の作詞を多数手掛けられている「下地悠」さんをゲストにお迎え致しました。

下地 悠

代表作

「GO GO サマー!」 / KARA
「ジェットコースターラブ」 / KARA
「I'm your man」 / 2PM
「はじめての朝」 / テゴマス
「GAME of LOVE」 / NEWS
「Breakout」「I Believe」 / Dream
「JUMP」 / 入野自由
 その他多数。

作詞論

与えられた条件と情報からストーリーを構想し言葉を紡ぎ、提供するアーティストをプロデュースできるのが作詞家の業だと思っています。
私が作詞をする上で大切にしていることは、聴き手が歌の世界に寄り添えるように"シーン"と"メッセージ"を鮮やかに描くこと、フィクションでも自分の心をかさねてリアルな言葉で描くことです。どんなテーマでも前を向いてポジティブな作品を書いていきたいです。

下地さんに伺いました。
Q:
作詞家になったきっかけは?
A:
以前は「AXEL」というロックユニットのボーカルとして活動していました。
アーティスト活動の休止を決めた翌年に、ご縁で作詞のお話をいただいたのがきかっけです。
Q:
プロ、初作品について
A:
「はじめての朝」/テゴマス
Q:
作品を提供したいアーティスト
A:
私の作風に興味を持っていただき、託していただける方ならどなたでも一生懸命書かせていただきます。
Q:
あまり売れなかったが、私の好きなこの歌
A:
アーティストの"願い"と私の"思い"がひとつになった?なれた?作品です。
「I Believe」/Dream
Q:
なぜ「詩を書くことを選んだか」
A:
好きなんでしょうね、作詞が…
はじめは自分を表現する手段でしたが、今は違います。
Q:
プロの作詞家になりたい人へのアドバイスを
A:
好きこそ物の上手なれ。向上心をもって、「書くこと」を楽しんでください。
歌詞を見る GO GO サマー! KARA

東日本大震災後まもなくの制作でした。KARAの皆さんの日本に対する温かい思いやりと、「日本を元気にしよう」「前向きに生きて行こう」と願う人々の力強い思いが、この作品のストーリーに導いてくれた気がします。いつも応援してくださるたくさんの方々のお陰で、自身の"マイルストーン"というべき作品になりました。ありがとうございました。

■私の好きなあのフレーズ
「やりたいことしよう 今しかない気がするのよ
きみと一緒に 叶えたい」

「ひとりじゃないから 未来を信じてる
しあわせ求めて 歩いていこう Go on」

PROFILE

下地悠Yu Shimoji

岐阜県岐阜市出身。青山学院大学卒。
幼少期よりヴァイオリンを習いクラシック音楽に親しむ。
大学在学中にロックユニットAXEL(アクセル)を結成。自主制作アルバムを4枚リリースし、都内を中心にライブ活動などを展開していたが、大学卒業と同時にアーティスト活動を無期限休止し、企業への就職を決断。会社勤めの傍らで楽曲制作や歌手としての活動を続け、2006年にテゴマス1stシングル・ミソスープ収録の「はじめての朝」で作詞家デビューを果たす。

■所属事務所:OBELISK Inc.

[CDリリース情報]

KARA
「ジェットコースターラブ」

UMCK-9414 ¥1,200 (tax in)
2011.3.23 Release
M-1:「ジェットコースターラブ

KARA
「GO GO サマー!」

UMCK-9437 ¥1,200 (tax in)
2011.6.29 Release
M-1:「GO GO サマー!」

2PM
「I'm your man」

BVCL-241 ¥1,200 (tax in)
2011.8.17 Release
M-1:「I'm your man」
M-2:「Without U-Japanese ver.-」

Rainbow
「A」

UMCK-9448 ¥1,200 (tax in)
2011.9.14 Release
M-1: 「A(エー)」

【これまで登場した作詞家さん】バックナンバー