言葉の達人

SAKUSHIKA

 達人たちは1曲の詞を書くために、言葉を巧みに操り、その時代を象徴する言葉を探した。その言葉は多くの老若男女の心を掴んで離さず、その歌は大ヒットした。
「孤独がつらく感じるとき」、「愛することがよくわからなくなったとき」いつも、勇気と力を与えてくれた…、作詞家は言葉の魔術師である。そんなプロの「作詞家」の皆さんをゲストにお招きして、毎月、紹介していくこのコーナー。
今回は、様々な人の生き方や人間模様などを作詞というフィールド一本で表現しながら、これまでに2000曲もの作品を世に送り出し、GS時代の代表的な作詞家として有名な「橋本淳」さんをゲストにお迎え致しました。

橋本淳

代表作

「亜麻色の髪の乙女」/ザ・ヴィレッジ・シンガーズ、島谷ひとみ
「ブルー・シャトウ」/ジャッキー吉川とブルーコメッツ
「ブルー・ライト・ヨコハマ」/いしだあゆみ  他多数

作詞論

一人の人間が体験出来る事はとても少くない。
自分以外の人間の生き方を歌を通して知ってもらいたいと思っている。
喜びや悲しみは人が生きていくためのおおいなる種である。

橋本さんに伺いました。
Q:
作詞家になったきっかけは?
A:
すぎやまこういち先生のすすめによって作詞の活動をはじめました。
Q:
プロ、初作品について
A:
すぎやま先生の仕事を手伝いながら、キングレコードで発売した「ボンド小唄」ボニー・ジャックス
Q:
作品を提供したいアーティスト
A:
ミーシャ(MISIA)
Q:
あまり売れなかったが、私の好きなこの歌
A:
西田佐知子「くれないホテル」
Q:
なぜ「詩を書くことを選んだか」
A:
小説家を目指していたので文章を書く事には違和感がなかった。
Q:
プロの作詞家になりたい人へのアドバイスを
A:
シンガー・ソンガーの時代となってこのかた、等身大の作品ばかりとなってしまったが、
もっと自由にもっと深く人間の心と行動を表現して欲しい。
想像力と空想が必要だ。
歌詞を見る 真夏の出来事 平山みき (三紀)

個性の強い平山さんの声を通して若い男女の微妙な心のやり取りを表現したかった。

■私の好きなあのフレーズ
「彼の車にのって真夏の夜を走りつづけた」

PROFILE

青山学院在学中に「すぎやまこういち」氏と出会い、67年「 涙のギター」で作詞家デビュー。
ザ・タイガースの「モナリザの微笑」「君だけに愛を」等、作曲家「すぎやまこういち」と組んで、数々のヒットを飛ばす。ブルー・コメッツの「ブルー・シャトウ」、いしだあゆみの「ブルーライト・ヨコハマ」では二年連続日本レコード大賞を受賞。オリコンチャート解析では、GS関連で最も売れた作詞家としても知られる。現在まで、作品数2,000曲を超える。

[CDリリース情報]

2006年 6月 28日 発売  コロムビアミュージックエンタテインメント

ドーナツ盤メモリー
ジャッキー吉川とブルー・コメッツ

COCA-71096

ドーナツ盤メモリー
ヒデとロザンナ

COCA-71099

ドーナツ盤メモリー
弘田三枝子

COCA-71097

ドーナツ盤メモリー
平山三紀

COCA-71101

【これまで登場した作詞家さん】バックナンバー