Q)作詞・作曲は、いつ始められたのですか?
前座で回っているころですね。だって、楽屋でやることがないじゃないですか。当時はフォーク全盛でしたから、高田渡さん、岡林信康さん、三上寛さん、遠藤賢司さんとか聴いていて、そういう影響もありましたね。渋谷のジャンジャンとかにライブもよく見に行きましたよ。かっこよかったねぇ。「俺はぜったい!プレスリー」が初めて作詞作曲して出した歌ですが、カップリングの「青春荘」って歌なんかは、やっぱり「神田川」の影響を受けていますね。(2曲ともペンネームの「作詞:やまだあつし、作曲:山鉄平」名義)

Q)曲はどういう風に作られるのですか?
まず、詞を書きます。とにかく歌詞は一気に書きます。早いものだと5分くらいで1コーラスできちゃいますね。出来なくても、最低でもワンコーラス書けない限り、絶対に途中ではやめません。詞を書いてる段階でメロディも浮かんでますから、忘れないうちに、すぐ、その場で作っちゃわないといけないんです。とりあえず、ワンコーラスができれば、あとは展開のストーリーを考えるだけですから。

詞が出来たら、曲のイメージを決めるための楽器選びですね。ギターの時もありますけど、今は、キーボードで色んな音色が出るじゃないですか。オカリナとか琴とかパンフルートとか三味線とか和太鼓とかって。だから、詞に合う楽器を探しながらイメージをふくらませますね。そこで決めた楽器の音で、アレンジのイメージを組み立てて、サウンドと一緒にメロディを作ります。その後は、打ち込みで、ある程度、アレンジもしてカラオケまで作ってしまいますね。

とにかく、やり始めたら最後までやらないと気が済まないので、一気に作ってしまいます。だから、自宅のスタジオから出たら朝ってことはしょっちゅうですよ。スタジオの中には時計は置いてないですし、「今日はここでいい」ってのはないですね。

でも、他の人に書く曲ではなくて、自分の曲の場合は、作ろうと思って作ることはあまりないですね。楽屋でギター弾きながら自然にできたりとかが多いです。湧いてこない時は、もう何か月もやらなかったりしますし。どっちにしても、出来るときには、一気に出来ちゃいますね

Q)歌詞が良く書けるような場所はありますか?
たとえば、旅先だと、ホテルじゃ書けないんですよ。旅館で畳じゃないと。コタツなんかがあるといいねぇ。そういう温泉宿に行くと、急に書きたくなっちゃうね。昔は、よく自宅でも書いたけど、今では、あんまり書かないですね。家だと、孫とリビングのストーブの前にずっといるからね(笑)。

Q)ご自身の曲の中で、とくに歌詞が良くできているという曲を教えてください。
海峡」「情炎」「故郷(ふるさと)」ですね。僕自身が、一番よくわかる歌詞は「津軽平野」だね。

Q)歌詞を書く時に、大事にしていること、気をつけていることはありますか?
たとえば、女の人のことを歌うにしても、不幸なことを書いたりしても、必ずフォローをするようにしていますね。やっぱり、救いとか夢がないとね。もちろん、選択肢としては「救わない」ってのもあるし、それも詞として面白いかなと思うんだけど、どうしてもフォローしてしまうんですよ。悲しい歌を人に歌わせるのは簡単なんだけど、自分が歌うとなると歌えないから、だから、人に書くときでも、常に自分が歌うかもしれないってイメージをしながら書いています。言葉もね、昔は、よく落っこちてたけど、今は、あんまり落っこちていないんですよ。最近は、言葉がなかなか見つからないね。

あと、最近、言葉が見つからない原因のひとつは、あんんまり旅してないからだね。10年くらい前までは、よく一人旅してたんです。泊まる宿だけ決めておいて、あっちこっち回ってました。在来線やバスに乗ったりしてね。「あれ!おたく吉幾三?なんでココに?」ってよく驚かれましたけどね。「どちらまで行かれるんですか?」なんて聞いたりして、そういう出会いもあるじゃない。「おかーさん、荷物重そうだけど、手伝ってやろうか?」なんてね。そういう時に、電車の窓から風景を見ながら、「どうしてるかな…」って自分の母親を思い出して、「かあさん」の歌になっちゃうんだよね。「しあわせでしたか 母さん…」てね、ああいう詞も出てくるし。旅すると、何か得るものがあるのよ。

Q)母親や家族、友人をテーマにした曲をステージで歌われている時、毎回、感極まって涙ぐまれていますが、歌えなくなったりはしませんか?
歌ってる時に、お客さんが泣いてるのが目に入っちゃうとダメなんですよ。やっぱり、自分で書いてる歌詞で、自分の中にあることだから、その歌詞の中の風景やイメージ、思い出が、歌いながら感情として出てきて当然だし、それを我慢して歌う人もいるけど、ウルウルしながら歌ったっていいんじゃないかと思うんだよね。自然なことなんだから。男はさ、泣く時は泣けばいいじゃないかって思うんですよ。泣くってことは誰にもあることなんだしね。もし、泣いて歌えなくなったとしても、歌としては、みんなに伝わると思うんですよ。

Q)今後は、どういう音楽を作っていきたいですか?
僕がやりたい音楽は、歌謡曲とかなんですけど、本当はコミックソングもやりたいんですよ。でも、まわりの事務所スタッフもレコード会社も、あんまりいい顔しないんだよね(笑)。今の世の中を歌った面白い歌いっぱい作れるんですけど、「それはまた次の機会にしましょう…」って言われちゃうんだよね(笑)。まあ、「北見熊の助」とかはやってますけど。

実際、CDには入れてませんけど、「うちのかみさん」とか「雪國レゲエバージョン」とか、いろんな面白いデモテープを作ってあるんですよ。いつまでも、過去をひっぱりたくないんだよね。「吉さん!どうしたの!」って言われるくらい裏切りたいというか、イメージをひっくり返したいというか。だから、半年間くらい休んで、髪の毛のばして、レゲエみたいに編んでもらおうかなと思って。それで、全員黒人のバンドを組んで、日本手ぬぐいを首にかけて、レゲエとかやりたいね〜。「このオヤジ、すごいパワーあるな!」って思われたいですね。

 


Q)ところで、吉幾三っていう芸名は、ご自身で考えられたのですか?
いえいえ。吉幾三って名前は、「俺はぜったい!プレスリー」を出す時に、当時のレコード会社の社長が考えてくれたんです。


Q)「この人はすごい!」と思われる歌手は誰でしょうか?
五木ひろしさん、森進一さん、中村美律子さん…、たくさんいますね。みんな難しい歌を歌ってるし、歌詞を全部覚えてるもんね(笑)。あと、ベーやん(堀内孝雄)もすごいね。

Q)今でも、五所川原にお住まいなんでしょうか?
五所川原にも東京にも家がありますが、東京はスタジオ、仕事場みたいな感じですね。1年のうち、3分の1は青森、3分の1は東京、3分の1は仕事で地方って感じです。両親や兄弟もいるし、孫もできたし、やっぱり五所川原がメインです。五所川原にいる時は、仕事は全くしません。札幌に遊びに行ったり、庭で土いじりしたりするのが楽しいですね。ナスがどんどん出来ちゃうんですよ(笑)。天気がいい日は、近所の知り合いを呼んで大バーベキュー大会。あと、時々、東京に女房が来ることがあるんですよ…、コロコロ持って…(笑)。


Q)仲のいい歌手のお友達を何人か教えてください。
鳥羽(一郎)、山本(譲二)、細川(たかし)、前川(清)さん、香西かおり…かなぁ。あと、最近、逢ってないから電話ください、千さん。

Q)インターネットは、使われますか? どんな時(どんな目的で)使われていますか?
全く使いません。やったことがないんです。やり方がわかんない。女房や子供は調べものとかに使っているみたいですけどね。だいたい、今流行りのものは、なかなかやろうと思わないですね。覚えたいとも思わないしね。いつもアナログ生活なんだよね。

Q) インターネットでの「IKZOブーム」を、どう感じていらっしゃいますか?
全くわからん。何やってんだか。「どうなってるか」っていう説明も受けたくない。オレの歌が何に利用されて、どうなっているのか、さっぱりわからない。でも、このまえ、FUNKY MONKEY BABYS ってグループが、原点は吉さんの「俺ら東京さ行ぐだ」だって言ってくれてて、そういうのは嬉しいね。若い人とかも、「雪國」とか「酒よ」とか「敬愛」とかはわかんなくても、「俺ら東京さ行ぐだ」とか「俺はぜったい!プレスリー」とかは知ってるって言うんだよね。

Q) これまで、もらって嬉しかった贈り物は何ですか?
子供たちが、高校くらいまで、誕生日とかに手紙をくれてたんです。全部じゃないけど、半分以上はとってあって、それが僕の宝物ですね。だから、もらって嬉しいものは「子供からの手紙」、もらって嬉しくないものは「飲み屋の請求書」かな(笑)。

Q) 今、欲しいものはありますか?
あったかい国の、海を見下ろせるスタジオがほしいですね。青森にも、自宅を改造して作ったスタジオがあるんですけどね、津軽平野が一望なんですよ(笑)。内陸で育ったもんですからね、海に憧れがあるんですよ。将来的には、そういう所に墓もほしいですね。

Q) 尊敬する人は誰ですか?
やっぱり、年上、目上の人は、みんな尊敬していますが、音楽業界でとくに尊敬する人は、作曲家では、浜圭介さん、作詞家では、なかにし礼さんですね。

あと、歌手の人は、みんな尊敬しますよ! だって、歌詞見ないで歌うんだもん! プロフェッショナルってすごいよね。僕は、基本的に全曲ダメなんだもん。もちろん、毎回、だれにも負けないようにって歌ってはいますけど、30年歌ってきても、まだ「雪國」も「酒よ」も、歌詞カード見ないと歌えないんですよ。毎日のように曲を書こうとしているから、なんだか、常にいろんなものが頭の中に入ってて、覚えようとしないんでしょうね。忘れていかないと新しいもの書けないんでね。

Q) よく見るテレビ番組を教えてください。
最近は少なくなってしまいましたけど、僕は、もともと漫才が好きなんですよ。あと、吉本新喜劇ね。それと、志村けんさんの番組はチェックしてます。あとは、NHKのドキュメンタリーですね。このごろのバラエティ番組なんかは、なんか腹から笑えないというか、「おかしかったなぁ〜」って、あとから思ってしまう番組が少ないですね。

Q) 好きな映画はありますか?
ブルース・ウィリスの「ダイ・ハード」とか好きですよ。CGとか3Dとか使ってないでしょ。そういうのが好きですね。映画のための技術はどんどん新しくなっているけど、映画の中身自体は、今の映画、あんまりおもしろくないよね。日本の映画だと、「釣りバカ日誌」とか「寅さん」とか大好きですね。人情があって、ホロリとさせられて。

Q) これまで、日本全国各地で食べたもので、とくにおいしかったものは何ですか?
北海道、札幌ビール園のジンギスカンだね。初めて食べた時には、「こんなにおいしいものがあるのか!」って思ったね。最近だと、札幌の「のざわ」って店によく行きます。あとは、沖縄で食べるアメリカ風のかたいステーキだね。Tボーンステーキが好きなんだけど、食べるよ〜、500グラムぐらい食べますよ。ごはんも食べるしね。

Q) 最近、悩みや困っていることはありますか?
有難いことなんですけど、作曲の依頼が多くてね。でも、基本的には、曲を書いて提供することを仕事としてないから、「1曲いくらで〜」なんて話をされると困ってしまうんだけどね。だから、最近は、歌い手としての仕事、芸人としての仕事をしている時以外は、ほとんど、スタジオに入って曲を作っているんですよ。そうすると、ずっと音楽が体から抜けないんですよ、音がずっと残っててね。だから、ガンガン酒飲んで、ベロベロにならないと、なかなか寝付けないんですよ。職業病だよね。あと、「家に帰るとヨメがいる」ってのも悩みかなぁ(笑)。そうなんだよ、家に帰ると、時々、ヨメがいるんだよ…。

Q) 今、一番楽しい時間は、何をしている時ですか?
ゴルフだね。前の日から、子供の遠足みたいな気分ですよ。「明日はまっすぐ飛べよ〜」って言いながらクラブを磨いてみたりね。あとは、ギター弾いたり、ピアノ弾いたりして曲を作っている時かな。曲づくりは、悩みでもあるけど、「新しいものを作り出す」っていう楽しみでもありますから。

Q) 音楽以外で、何かやってみたいこと、活動などはありますか?
映画を作ってみたいね。「と・も・子」を映画化したいんですよ。もちろん、脚本、キャスティング、監督、演出、音楽、主演、全部やらせてもらいますよ。実は、脚本も、ほとんど出来てるんですよ。ちょっと、いい? あのね、 主人公がとも子を探しに出るでしょ……(このあと、笑いあり涙ありの感動的なストーリーを、セリフ入りで、延々と熱くエンディングまで語ってくださいましたが、ここでは割愛させていただきます…)。

キャスティングのイメージも決まってるんですよ。ゲイバーの女の子役の具志堅用高さんとガッツ石松さんとかね。ただ、ゲイバーのママ役で考えていた丹波哲郎さんとか、死んじゃった人もいるけどね。だけど、映画の作り方がわからなくてね…、もちろん、作業的なことはわかるんだけど、なにしろカネがかかるらしいんでね…。みなさん、どうやって映画つくってるのかね? どっかにスポンサーいない? 募集しています!

Q) 今の音楽業界を、どう感じていらっしゃいますか?
技術の進歩が速くて、作る側の人間はついていけてないよね。とくに、オレなんかアナログだからね。この頭の中から、何もないところから詞を書いて、曲を作って、手作業で作っていくわけじゃない。とにかく、いろんなものがありすぎて、よくわかんないよね。音楽業界が音楽業界の首を絞めている部分もあるんじゃないかな? 音楽本来のあり方を考えた方がいいよね。

たとえば、テレビの音楽番組でも、演歌も歌謡曲もニューミュージックも聴かせる番組、紅白歌合戦みたいなジャンルを越えた番組が毎日あってもいいと思うんだよね。何も、お金のかかるセットを使わなくても、楽しい音楽番組を作れるんだから。歌手の人たちもダメなんだよ、ふんぞり返って、運転手付きの車に乗ってたってダメなんだよ。オレみたいにお前、世間ではどれぐらい貯めたんだよって思われてるかもしれないけど、どれだけ銀行に借金があるか言いたいよ!(笑)そうじゃなきゃダメなんだよ。ハングリー精神がないとね。

Q)もしも生まれ変わるとしたら、何になりたいですか?
音楽や芸能の仕事じゃなくて、農業をやりたいですね。手作りのものを作ってみたいですね。それと、料理人かな。日本料理、中華料理、韓国料理、イタリア料理、フランス料理…「なんでも出せる料理屋」を、若いの3人くらい使ってやりたいなぁ。歌手になる前、板前の修業をしてましたから、今でも、たいていのものは作れますよ。魚もさばけますし。

(2010/03/09、取材・文:西山 寧)


  <吉幾三「秋風」・新曲キャンペーン>

5/16(日) 13:00〜 小田原ダイナシティ (神奈川県)
5/22(土) 14:00〜 イオン伊都ショッピングセンター (福岡県福岡市)
5/23(日) 14:00〜 熊本宇土シティ (熊本県宇土市)
6/05(土) 16:00〜 アリオ札幌 1Fハーベストコート (北海道)
6/06(日) 13:00〜 ウイングベイ小樽 1Fネイチャーチャンバー(北海道)
6/11(金) 15:30〜 北名古屋パレマルシェ (愛知県北名古屋市)
6/12(土) 14:00〜 アスナル金山 (愛知県名古屋市)
6/27(日) 13:00〜 上尾ショーサンプラザ 1Fセンターコート (埼玉県)
7/10(土) 14:00〜 おおとりウイングス 1F中央広場 (大阪府堺市)

※入場無料、吉幾三のCD購入で握手会に参加できます。

<コンサート>

2010.7.30(金) 14:30〜/18:00〜  中野サンプラザ (東京都)
2010.6.20(日) 14:30〜/18:00〜  多賀城市民会館 (宮城県)

<テレビ>

2010.6.6(日) NHK BS-2 「BS日本のうた」スペシャルステージ

 
  その他、出演情報、コンサート予定等の詳細はコチラ!
 新曲「秋風」  

2010年5月12日発売
シングルCD   TKCA-90379
シングルカセット TKSA-21279
徳間ジャパンコミュニケーションズ

.01. 秋風 
02. 白神が故郷
03. 秋風 (オリジナルカラオケ)
04. 白神が故郷 (オリジナルカラオケ)


本 名  : 鎌田 善人
生年月日 : 1952年11月11日
出身地  : 青森県北津軽郡金木町(現在は五所川原市)
血液型  : B型

金木町立金木南中学校卒業。作曲家・米山正夫氏に師事。
1973年(昭和48年)、「恋人は君ひとり」(芸名・山岡英二:現・日本クラウン)でアイドル歌手としてデビュー。
1977年(昭和52年)、吉幾三に改名し、クラウン・レコードから自身の作詞・作曲による「俺はぜったい!プレスリー」が大ヒット。映画化され、TVドラマなどにも出演するが、その後、しばらく低迷する。
1984年(昭和59年)、作詞・作曲家として、千昌夫に提供した「津軽平野」がヒット。同年、徳間ジャパンに移籍し、千昌夫のプロデュースで「俺ら東京さ行ぐだ」が発売され大ヒット。
以後、「雪國」「海峡」「酒よ」「酔歌」「情炎」など多くのヒット曲を出す一方、作詞・作曲家としても、千昌夫「あんた」、美川憲一「おだまり」、藤あや子「おばこ巡礼歌」、山本譲二「揚子江」「いつまでも…沖縄」など多くの歌手に作品を提供。さらに、「新日本ハウス」「ワークマン」などのCMソング、テレビ番組のテーマソングなども数多く手掛けている。
また、一時期、コメディアン、タレントとしても多くのテレビ番組に出演し、「志村けんのバカ殿様」では、バカ殿を困らせる唯一の人物としても有名。
2008年には、「俺ら東京さ行ぐだ」などの楽曲が、インターネットの動画投稿サイトでさまざまな曲とミックスされたものが投稿され、ニコニコ動画などで「IKZOブーム」が起こった。


吉 幾三 オフィシャルサイト
吉 幾三 レコード会社のサイト
吉 幾三 コレクションミュージアム(五所川原市)
吉幾三の歌詞一覧
吉幾三・作詞の歌詞一覧

演歌歌謡曲ランキング動画

  1. 鈴木雅之 - ラブ・ドラマティック feat. 伊原六花

    1

    鈴木雅之

    ラブ・ドラマティック feat. 伊原六花

    再生回数 429,085回

  2. 三山ひろし - 望郷山河

    2

    三山ひろし

    望郷山河

    再生回数 42,584回

  3. 純烈 - プロポーズ

    3

    純烈

    プロポーズ

    再生回数 499,045回

  4. 椎名佐千子 - 漁火街道

    4

    椎名佐千子

    漁火街道

    再生回数 30,360回

  5. 中島みゆき - 糸

    5

    中島みゆき

    再生回数 67,245,637回

MORE

カラオケランキング動画DAMカラオケ

  1. 米津玄師 - Lemon

    1

    米津玄師

    Lemon

    再生回数 270,322,283回

  2. DA PUMP - U.S.A.

    2

    DA PUMP

    U.S.A.

    再生回数 148,171,387回

  3. back number - クリスマスソング

    3

    back number

    クリスマスソング

    再生回数 82,595,064回

  4. 中島みゆき - 糸

    4

    中島みゆき

    再生回数 67,245,637回

  5. スキマスイッチ - 奏(かなで)

    5

    スキマスイッチ

    奏(かなで)

    再生回数 95,697,198回

MORE