試聴する

花火

この曲の表示回数 5,070
歌手:


作詞:

売野雅勇


作曲:

森進一


風に吹かれて隅田川
夏の花火の淋しさは
星に旅立つ人たちの
笑い声など照らすから

帰ろう 目を閉じ
思い出の街へ
妹や弟の
小さな手を引き
あゝ母さん待ってた
優しい夕焼けの街角へ

寒い心の暗がりに
あがる花火のあたたかさ
二度と逢えない人たちと
肩を並べて見あげてる

帰ろう 目を閉じ
思い出の街へ
流れてく灯籠の
明かり伝いに
あゝあなたが手を振る
あゝ懐しい街角へ

帰ろう 目を閉じ
思い出の街へ
妹や弟の
小さな手を引き
あゝ母さん待ってた
優しい夕焼けの街角へ
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:花火 歌手:森進一

森進一の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-07-21
商品番号:VICL-678
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP