砂の果実

この曲の表示回数 55,851
歌手:


作詞:

売野雅勇


作曲:

坂本龍一


あの頃の僕らが
嘲笑(わら)って軽蔑した
恥しい大人に
あの時なったんだね

少年くさい君の
誇りが鬱陶(うっとう)しくて
真心をからかったね
愛さえはぐらかして

生まれて来なければ
本当(ほんと)はよかったのに…
あの日 君に投げた
声に復讐されてる

弱虫の偽善者は
僕の方だったよね
そこから笑えばいい
堕落してゆく僕を

あの頃の僕らが
嘲笑って軽蔑した
空っぽの大人に
気づけばなっていたよ

生まれて来なければ
本当はよかったの……?
僕は砂の果実
氷点下の青空

僕のこと誇りにしてるって
つぶやいた声に
泣きたくなる 今でも

この胸が騒ぐ
悲しい懐しさで
君を想うたび
あらかじめ失われた
革命のように
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:砂の果実 歌手:中谷美紀 with 坂本龍一

中谷美紀 with 坂本龍一の新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-09-26
商品番号:FLCG-3030
フォーライフ ミュージックエンタテイメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP