試聴する

春の日 夏の陽 日曜日

この曲の表示回数 11,231
歌手:

渡辺美里


作詞:

渡辺美里


作曲:

大江千里


春の日
交差点の人並みに
誰かの赤い風船飛んでゆく

この先 どこへ行くんだろう
人恋しさ やさしさに
変えながらぼくらは夢中で走っている

夕焼け空と並んで 手をつないで
きみと笑顔でいられることの
本当の意味を感じてたいから

夏の陽
生きてゆく眩しさに
確かな未来を誓いあえたね

友情だとか愛とかを
学んできたはずなのに
淋しささえも手に負えずに悩んでいる

刺激と本気をいつも探していた
いつか 平凡だった自分を越える日が来る
遠回りしても

日曜日の夕暮れはいつも
なぜかセツナクテ きみの声聞きたいよ 今すぐに

あれから10年経って これから先も
ずっと 笑顔でいられることの
本当の意味を感じていたい

刺激と本気をいつも 探していた
いつか 平凡だった自分を越える日が来る
遠回りしても
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:春の日 夏の陽 日曜日 歌手:渡辺美里

渡辺美里の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-05-26
商品番号:ESCL-3447
ERJ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP