試聴する

砂漠の少年

この曲の表示回数 7,057
歌手:


作詞:

小椋佳


作曲:

小椋佳


母親の物語りに飽きて 父親の本も読み飽きて
風の吹く 夜砂丘を一人 少年は旅に出た
地平線の向うに何かがある
何かがきっとあると思った

見えるのは砂ばかり 砂の山 砂の谷
風の吹く 夜砂丘を一人 少年は旅を続けた
地平線の向うに何がある
何かがきっとあると思った

のどはかわききって 頭は狂いそうで
旅をあきらめかけた 少年が遠くに見た
地平線のあたりに見える 何かひとつの点
それがだんだん大きくなってくる
ラ…ラ…ラ…ラ…

喜びの叫びをあげて ただ一目散に
その点めざして 少年はかけ出した
ラ…ラ…ラ…ラ…

そして見た その点は 彼と同じ年頃の
腹をへらしてつかれ切った 少年だった
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:砂漠の少年 歌手:小椋佳

小椋佳の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-01-20
商品番号:UPCY-6544
USMジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP