ソーダ味のKiss

この曲の表示回数 9,814
歌手:

JURIAN BEAT CRISIS


作詞:

渡瀬マキ


作曲:

土橋安騎夫


ソーダ味の唇が熱くて
君の顔を真っすぐ見れない

非常階段で 隠れてキスした
少しだけ足が震えてた
食べてたキャンディー 落ちそうになって
ほっぺが赤くなるのがわかった

ホントはみんなみたいに
アタシそんなに軽くない

ソーダ味の唇が熱くて
君の顔を真っすぐ見れない

無口な空気を 君は壊すように
アタシの手引いて歩き出す
体育館の窓 反射した夕陽
ねえ君がすごくすごく好きだよ

言葉は嘘っぽいから
この手は離さないでね

ソーダ味の唇が熱くて
君の顔を真っすぐ見れない
初めてだよ泣きそうなくらいに
誰かのこと愛しいと思ったの

君とだったら何も怖くないよ
暮れてく空ずっと一緒にいたい
知らなかったよ想いが溢れると
胸の奥が苦しくなるんだね

ソーダ味の唇が熱くて
君の顔を真っすぐ見れない
初めてだよ泣きそうなくらいに
誰かのこと愛しいと思ったの
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ソーダ味のKiss 歌手:JURIAN BEAT CRISIS

JURIAN BEAT CRISISの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-09-01
商品番号:AVCD-38152
エイベックス・マーケティング

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP