試聴する

夜明けの雨

この曲の表示回数 5,020
歌手:

suzumoku


作詞:

suzumoku


作曲:

suzumoku


枕元に響く波のような音は 街を走り抜ける夜明けの雨
僅かに開いた窓 入り込む雨粒 鳥の声が消えた目覚めの時

冷めた朝に慣れてどれくらい経つだろう 生まれて逝く夢も見送るだけ

走り去る雨は何処へ行き 誰の夢を覚まし消えるだろう

落ちた木の葉はまだ小さく緑色 暖かくも強く風が飛ばす

足元に映る空はまだ 陽の光を少し返すだけ

枕元に響く彼の様な音は 街を走り抜ける夜明けの雨
僅かに開いた窓 入り込む雨粒 鳥の声が消えた目覚めの時
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夜明けの雨 歌手:suzumoku

suzumokuの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-03-10
商品番号:APPR-2004
apart.RECORDS

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP