哲学堂通り

この曲の表示回数 4,572
歌手:

大谷めいゆう


作詞:

朝倉翔


作曲:

大谷明裕


木枠の窓がきしむのは 心の雨のせいなのか
今でも君が 駅前で時計を見上げ 待っていそうで
優しさじゃない 情けないだろ あの日の君も引きとめられずに
哲学堂通りから新井薬師まで 君の涙が流れています

呼び戻された 故郷からの手紙も途絶えた 二度目の春です

古いいわれの建物が 心に残る散歩道
教えてくれた サンシュユの黄色い花が 君に似ていて
面影さえも責めているだろ 二人の未来 約束できずに
哲学堂通りから新井薬師まで 君の溜息残っています
その店先でオレンジを見て 贅沢かしらと淋しく笑った

哲学堂通りから新井薬師まで 君の思い出 あふれています
止まない雨に濡れるしかない 手紙も途絶えた 二度目の春です
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:哲学堂通り 歌手:大谷めいゆう

大谷めいゆうの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-11-18
商品番号:VICL-63471
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP