雨上がりに見た幻

この曲の表示回数 29,729
歌手:


作詞:

山中さわお


作曲:

山中さわお


ジョークは笑うのが礼儀さ
呆れるなよ 笑ってよ
聞き飽きてるとしても
思ったより遠くまで来た
前ばかりを見てたから
キミの顔忘れたけど

足跡の無い道を選んで
ずいぶん歩いたな
幼い夢傷ついても
今も眺めてる
そう 何度も何度も
キミとともに

全てが変わるかもしれない
蜘蛛の糸をよじ登って
認め合った僕らは
時代も背景もそぐわない
遺物なんだと思い知った
抜け出した壁画の夢

千年後の雨になって
僕らは降るだろう
太陽とも解り合って
虹を出せるかな
叶ったら叶ったら
綺麗だろうな

踏み外した崖っ淵でも
手を掴んでくれた
雨上がりに見た幻を
今も覚えてる

足跡の無い道を選んで
ずいぶん歩いたな
荒野の果て 何処かにきっと
足跡残ってる
それだけが それだけが
生きた証
それだけが それだけが
僕らの誇り
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:雨上がりに見た幻 歌手:the pillows

the pillowsの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-09-02
商品番号:AVCD-31653
エイベックス・エンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP