桃と林檎の物語

この曲の表示回数 12,862
歌手:

美山純子


作詞:

市川睦月


作曲:

三木たかし


桃を二つ 買って帰った
あなたと 一つずつ 食べようと思って
狭い部屋に 西日がさして
あなたは いなかった 夕暮れの手品みたいに
こんなはずじゃなかったわ
誰だって 明日なんか 見えないけれど
こんなはずじゃなかったわ
蜩の雨の降る中 私 途方に暮れた

前の女と いっしょにいると
ふわさが 聞こえるわ 秋風のお節介
あなたいつも 言ってたじゃない
男を だめにする 身勝手な悪い女と
人のことは言えないわ
窓の空 お月さまも 見えないから
人のことは言えないわ
火の消えた煙草くわえて 私 ため息ついた

林檎一つ 赤くさみしく
あなたの ことなんか 何もかも忘れた
女ひとり こんな暮らしも
いまどき 世間では めずらしい話じゃないわ
白い小雪ちらちらと
この冬は 久しぶりに 一人だから
白い小雪ちらちらと
妹を呼んでやろうと 私 手紙を書いた

長い 手紙を書いた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:桃と林檎の物語 歌手:美山純子

美山純子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP