試聴する

写真

この曲の表示回数 9,584
歌手:


作詞:

松山千春


作曲:

松山千春


アルバムの片すみに 見つけた写真一枚
楽しそうに肩を組み 笑顔浮かべた二人
ただ燃え上がる 愛を 身体で受けとめて
今 この時が すべてと信じてた

眠れずに おたがいの 夢を語り疲れて
明けきらぬ 街の中 腕を組んで歩いた
ただ愛だけじゃ なんにもできないことくらい
そう 気づいてた 子供じゃないからね

さよならが 言えないと 電話かけてきたとき
わかってた 何もかも あとはことばにならず
ただ泣きじゃくる おまえが なおさらいとしくて
でも 悲しいのは おまえひとりじゃない

ねぇ わからない 何が二人をひきさいた
ただ あの頃に 二度とはもどれない
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:写真 歌手:松山千春

松山千春の新着情報

  • 愛が全て / ♪はかない涙が頬を伝う
  •  / ♪さわやかな風かけぬける
  • 初雪 / ♪君は冷たい風に向って
  • きらめき / ♪人はそれぞれ愛にときめき
  •  / ♪風のない日はフーフー

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-06-21
商品番号:COCA-10729
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP