試聴する

消失点-Vanishing Point-

この曲の表示回数 30,508
歌手:

Buono!


作詞:

川上夏季


作曲:

崎谷健次郎


言葉にしたらこわれそうで怖くて
いつもふざけあうことしかできなかった
あの時 僕に少しだけ勇気があれば
運命は変わっていたのかな

どうしてだろう
ずっとこのまま僕らは変わらない
無邪気に思っていたよ
たぶん二人の距離は近くて
だけどどこまでいっても
ずっと平行線で

遥かに遠く続く明日のどこかで
いつか重なる場所があると信じてた
そんなに無防備な顔をされたら僕は
どうすればいいかわからないよ

言っておかなきゃいけないことが
この世にはたくさんあるんだよね本当は
繰り返してく季節の中で
甘えてたと気付いても
きっと遅すぎて

きみが淋しい時にだけ
思い出すような僕ならいらない

言葉にしたらこわれそうで怖くて
いつもふざけあうことしかできなかった
あの時 きみを抱き締めることができたら
運命は変わっていたのかな
運命は変えられたのかな
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:消失点-Vanishing Point- 歌手:Buono!

Buono!の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-02-11
商品番号:PCCA-2840
PONYCANYON INC.(PC)(M)

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP