試聴する

誰も知らない

この曲の表示回数 5,773
歌手:


作詞:

松井五郎


作曲:

諫山実生


砂色に溶ける街
翼を忘れた鳩の群れ
声のない人の波
二人だけが影になる

枝の先すがる葉を
ふいに散らかした向かい風
時はただ過ぎてゆく
未来まで 奪いながら

きっとおんなじ幸せは二度は来ない
なにをすれば 記憶たちは 報われるのでしょう

どれほどあなたを
好きでいたか誰も知らない
心はいまでも 花をつける
こんなに

手のなかの指の感触(あと)
握りしめていたはずなのに
求めれば消えるもの
さみしさが息をしてる

読みもしないで捨てられた本の続き
もっと違う 物語が あるのだとしても

どれほど二人が
好きでいたか誰も知らない
夢の向こう側 残る陽ざし
あんなに

はじめからふたり
まるでここにいないように
なにも変わらない 空が巡る
あんなに

どれほどあなたを
好きでいたか誰も知らない
心はいまでも 花をつける
こんなに
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:誰も知らない 歌手:諫山実生

諫山実生の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-01-26
商品番号:TOCT-25586
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP