砂のCASTLEのカサノヴァ

この曲の表示回数 8,078
歌手:

北代桃子


作詞:

只野菜摘


作曲:

矢野立美


タールの夜を サイレンがゆく
くずおれたヒロインを乗せて
街は劇薬 それとも媚薬?
愛を試せる場所じゃない
おぼれてゆくほどに 傷は深くなる
今日も 眠れない眠りに裁かれて

でも甘いノスタルジー 捜していたいよ
モノクロの情熱に生きた時代へ

砂のCASTLEのカサノヴァ
シネマからぬけだして
すがりつくようなロマンス
この手にかしずいて

両手につけたダイヤモンドは
ネオンライトのイミテーション
夜が明けるまで はしゃぐ天使の
天然色の夏服よ
けだるい仕草では 何もつかめない
目をさませ くるみ割りの兵隊よ

この胸のエネルギー もてあましている
ありふれた悲劇では終わらないブルー

夢をあやつるカサノヴァ
てのひらで踊らせて
花火のように燃えてる
愛を信じさせて

砂のCASTLEのカサノヴァ
シネマからぬけだして
すがりつくようなロマンス
この手にかしずいて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:砂のCASTLEのカサノヴァ 歌手:北代桃子

北代桃子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1990-01-21
商品番号:ESCB-1029
エピックレコードジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP