試聴する

憧れ遊び

この曲の表示回数 7,956
歌手:


作詞:

小椋佳


作曲:

堀内孝雄


君を花に例えたら 笑うだろうか
白いユリのようだと云えば
胸の炎に気づいてないと
戸惑うだろうか

君を海に例えたら おこるだろうか
深い謎のようだと云えば
胸のうねりも俺のためだと
いらだつだろうか

君の言葉に歌を聴き
君のしぐさに舞を見る
男はいつも憧れ気分
口づけの間も夢遊び

君を星に例えたら 嫌うだろうか
遠い夢のようだと云えば
胸を合わせてそばにいたいと
悲しむだろうか

君の涙に虹を描き
君の笑顔に空を飛ぶ
男はいつも憧れ気分
口づけの間も夢遊び

君の吐息に四季を織り
君の瞳に愛を見る
男はいつも憧れ気分
抱きしめる時さえ夢暦
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:憧れ遊び 歌手:小椋佳

小椋佳の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1992-09-13
商品番号:KTCR-1178
キティ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP