試聴する

僕の空に季節はずれの雪が降る

この曲の表示回数 10,311
歌手:

石川智晶


作詞:

石川智晶


作曲:

石川智晶


ほら僕の空に季節はずれの雪が降って
見上げた白く眩しいもの

どこで生まれたとか 何をして来たとか
そんな重ねて来た過去が体を重くさせるよ
なのに悲しいくらいそれなしではいられない
君に真っすぐ歩いても行けなくて

ほら僕の空に季節はずれの雪が降るのは
遅咲きの花には寂しい
この白い毛布に隠れて咲くような人間に
君は本気で話してくれないはずだから

無人の滑走路にいつまでも立てない人間を
もうひとりの僕がその背中に吠えていた
何も持たない自由がどれほど怖いものか
知らずにこぼす言葉は空しいもの

ほら僕の空に季節はずれの雪が降って
見上げた白く眩しいもの
僕に気休めの言葉の代わりに
触った事の無い明日を見たような気がした

この白の世界は今日より先の気づきを与えてくれるよ

ほら僕の空に季節はずれの雪が降るのは
遅咲きの花には寂しい
この白い毛布に隠れて咲くような人間に
君は本気で話してくれないはずだから
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:僕の空に季節はずれの雪が降る 歌手:石川智晶

石川智晶の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-08-22
商品番号:VICL-62472
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP