流星の夜

この曲の表示回数 22,639

あなたが見たいといっていた
星の降る夜が
音も無しに前触れもなしに
はじまろうとしている

キラキラ光る 真冬の空に
目をこらせば あなたがふっと
あらわれて すっと遠去かる

孤独な夜のかけら抱いて
あなたを思えば
願いはほかに うかばないの
もう一度会わせて

愛を下さい 消えぬ愛を
そして眠らせて
今度起きたときには きっと
あなたはそばにいて

ゆらゆらゆれる 記憶の海に
身を浸せば あなたがふっと
ほほえんで そっと肩を抱く

時は誰にでも 同じに流れて
人はそれぞれの 魂あずける

愛を下さい 消えない愛を
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:流星の夜 歌手:松任谷由実

松任谷由実の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999/11/17
商品番号:TOCT-24300
EMI Records Japan

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP