試聴する

幸福の歌

この曲の表示回数 4,768
歌手:

河口恭吾


作詞:

河口京吾


作曲:

河口京吾


放課後の教室に残り夜になるまで語ったね
好きなコや好きなアイドル音楽やうわさ話で笑ったね

あの頃の夢が思い出になってしまったのは一体いつからだろう?

君が嫌いだったつまらない大人に僕はなってしまった
それなりの仕事とか恋とか愛とかで僕はもう夢など見なくなった

折り合い諂い押し合いへし合い転がるように過ぎる日々
あの日輝いていたカケラがときどき胸の奥つつくよ 君はどう?

失った分だけ身軽になれたって思えばイイもっと高く飛べるだろう?

君に借りたはずのマーフィーの法則なくしてしまった
焼けたページの中の魔法みたいな言葉をもう一度信じられたら

君が嫌いだったつまらない大人になってしまったけど
僕は歩いて行くよ振り返るような年でもないしやる事たくさんあるから

破れた情熱と叶わなかった夢にウソつかないように
今日を歩いて行こういつの日か明日にまた夢を描けるように

歩いて行こう!!
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:幸福の歌 歌手:河口恭吾

河口恭吾の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-04-18
商品番号:CRCP-10165
日本クラウン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP