群れ

この曲の表示回数 16,070
歌手:

CHAGE and ASKA


作詞:

飛鳥涼


作曲:

飛鳥涼


いつまでも俺を あの日の姿で
閉じ込めようとする群れがいる

この空にだって穴を 空けちまう時代に
俺の足跡で言葉の海をつくり 泳げないと言う

手編みの橋を渡る途中だ
女は知らない振りで いてくれる

小さな咳をひとつしただけで
とんだ話が出来上がってる

隣の温もり 感じるベッドで
“大丈夫だよ”と 口からこぼれた

確かなものや答えは 誰にも無いんだ
恋の始まりと終わりだけに 周りは興味をもつんだ

背伸びはすんだ 天気はのんきだ
しけたマッチで俺を湿らすな

寂しいことはもっとほかにある
いつもいつも 思うこと

自分の中の自分に よく負けてしまう
そして愛と勇気は どこまで一緒だろうか

背伸びはすんだ 天気はのんきだ
しけたマッチで俺を湿らすな

寂しいことはもっとほかにある
いつもいつも 思うこと

ふたつは… どこまで…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:群れ 歌手:CHAGE and ASKA

CHAGE and ASKAの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-02-04
商品番号:UMCK-1296
UNIVERSAL SIGMA(P)(M)

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP