ひとりきり 2nd.Ave.

この曲の表示回数 8,136

からんだ髪が 影絵のように
白いタイルに こぼれおちる

くもったカガミ 指でなぞって
小さく 笑ってみせた
どんなに涙を 流したって
きっとあの人は 戻らない

愛されていた 時もあった
あなたの あの人よりも
優しさが 恐い時もあった
あなたが 消えてゆくようで

さよならだけは 言えばよかった
あなたが 強く抱きしめて 抱きしめて いるあいだに

馬鹿な男と 馬鹿な恋をしたこと
今はもう 笑い話しにしてるよ
だけど今夜は 泣いてあげてもいいよ
ひとりきり 2nd. Ave.

あなたがくれた 安物ピアス
初めて はずしてみたよ
赤いワインの グラスの底に
きらめきながら 沈んでく

口もつけずに ドアを開けた
思い出だけが 振りかえる 振りかえる その席で

馬鹿な男と 馬鹿な恋をしたこと
今はもう 笑い話しにしてるよ
だけど今夜は 泣いてあげてもいいよ
ひとりきり 2nd. Ave.
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ひとりきり 2nd.Ave. 歌手:チェッカーズ

チェッカーズの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-03-17
商品番号:PCCA-2014
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP