雨曝しなら濡れるがいいさ

この曲の表示回数 15,438
歌手:

eastern youth


作詞:

吉野寿


作曲:

吉野寿


コンクリートの隙間から顔出した
草の様な花の様な
「なんだってかんだったって知らないよ」
なんでもねぇやと突っ立っている

『雨曝しなら濡れるがいいさ
だって、どうせ傘など持って無いんだ
時が来たなら終わるもいいさ
それが俺の最後の運命だったら
その時、瞼に吹く風も見えるだろう
静かに揺れるだろう

吐き出した溜め息は干涸びて
鳥達が啄んでいったよ
雲が誘いに来るけれど
君の背中には乗れないもんな

雪が降ったら泣いてやるのさ
涙がちょっとの雪なら溶かしちまうだろう
凍りついたら怒りを燃やす
それが全ての景色を燃やしちまうだろう
その時、心も焼け焦げてしまうだろう
煙と変わるだろう

生まれた日から
後ろは無いさ
広がる世界が在るばかり
見据えてやるさ

強がりばかり並べてやれば
ホラ雨雲さえも逃げ出す気配
時が来たなら消えるもいいさ
それが俺の最後の運命だったら
その時、瞼に吹く風も見えるだろう
静かに揺れるだろう』
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:雨曝しなら濡れるがいいさ 歌手:eastern youth

eastern youthの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-10-20
商品番号:TFCC-88147
トイズファクトリー

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP