試聴する

ひ・と・り

この曲の表示回数 6,231
歌手:


作詞:

吉幾三


作曲:

吉幾三


ひとりで お店を閉めて
ひとりで 女は泣くの
あなたが 戻らぬ夜は
泪とお酒をまぜて
思い出も 夢さえも
捨てて来たはず
逃げるよに この町へ
ひとり 来たはず

ひとりで 小窓を撫でて
ひとりで 昔をなぞる
あなたの 温もり求め
枕を抱いて眠る
淋しさも 苦しさも
荷造りしたはず
何ひとつ 残さずに
ひとり 来たはず

忘れない… 忘れない
何年経っても
朝を待つ みなと町
ひとり… ひとり…
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ひ・と・り 歌手:吉幾三

吉幾三の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-06-20
商品番号:TKCA-73191
徳間ジャパンコミュニケーションズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP