Summer Junction

この曲の表示回数 13,407

少しだけ眩しそうな瞳を雲が流れてた
灼けてた顔もすっかりうすれて見えるね

夢みたいだった絵日記 そろそろハイウェイの出口
私は黙ってあなたのうでをとった

明日は人ごみに戻って
読みかえす余裕もない1ページにいるのね

今のあなたと 今の私と 今のふたりが
消えてゆくの気づかないまま

家までの信号機 どこかで寄り道したいね
なんてことない場所でいいから あと少し

しばらく会えなくなったって
平気なくらい フツーの別れ方しようよ

何があってもいっしょにいると誓った気持ち
口に出せず見送っていた

今のあなたと 今の私と 今のふたりが
消えてゆくの気づかないで見送っていた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Summer Junction 歌手:松任谷由実

松任谷由実の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2001-06-06
商品番号:TOCT-24600
EMI Records Japan

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP