試聴する

故郷(ふるさと)

この曲の表示回数 12,377
歌手:


作詞:

吉幾三


作曲:

吉幾三


雨あがり一人して 街をふらつけば
道端の春の花 あの方を想う
夕やけに染まりゆく ビルの谷間に
ふるさとの山や川 おふくろが浮かぶ
なつかしさ会いたさに 夜汽車に乗れば
近くなるふるさとに 寝ずに窓を見る

昔なら広すぎて 遊んだ道も
昔なら高すぎて 登った丘も
忘れてた道がある いろんな道が
出会う人声かける これがふるさとさ
ため息と想い出が 心を過ぎる
いいもんさふるさとは いつもいいもんさ

なつかしさ会いたさに 夜汽車に乗れば
近くなるふるさとに 寝ずに窓を見る
寝ずに窓を見る
寝ずに窓を見る
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:故郷(ふるさと) 歌手:吉幾三

吉幾三の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000-04-26
商品番号:TKCA-71913
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP