PLATINA LYLIC 

試聴する

しおり

この曲の表示回数 265,177
歌手:


作詞:

太志


作曲:

太志


川沿いに伸びる小道を抜け あの時計台まであと少し
口笛が下手なあなたに コツを教えたのもこの辺り

思い出を飾る額縁なんて 燃やしてしまおうと決めてから
もう地球は何周目だ

そよ風の帰り道 決まって夕方五時
駅前の時計台 そこで待ち合わせる
二分半遅刻して 小走りで駆け寄って来るあなたを抱きしめた
遥か遠い日の夕暮れ

あれこれと悩んではみたものの 答えらしい答えは見つかりません
「約束」なんて通り過ぎるそよ風に 未来を縫い付けようとすることで…

流れて消えると知ってからなのか
綺麗な景色はいつの日も 少しだけ悲しいんだ

窓際に飾る花 穏やかな昼下がり
こんなにもありふれた素晴らしい日常
「今」を生きようと言うその隙に 「今」が逃げてゆくことを
僕たちは時の流れに教わった

You & I…

駅前の時計台 あと二分半したら
寄り添って歩き出す二人がいたのになぁ
一人鳴らす足音 悲しくなんかない
心が明日に向かうには 時間がかかるけど

そよ風の帰り道 あなたは今日その瞳に
何を映し 何を想い 何を望んだの
幸せのありかなど 僕にはわからない
ただこの空を見て想う 「今日もあなたが好きでした」
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:しおり 歌手:Aqua Timez

Aqua Timezの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-05-09
商品番号:ESCL-2944
ERJ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP