NARA

この曲の表示回数 17,925

云われるがままに
死んでいこうなんて到底想えない。

青い空がそう云わせた。

呼吸をひとつ、またひとつと
当たり前のなかに在る重大さを

何時までも、自分だと感じていたいんだ。

陽が沈んでも、誰かに声をかけられようとも
ここを動かず塔のうえで朝陽を待て。

逃げなくていい、自分らしく在れ。

そして…

ひとのままで終わるな。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:NARA 歌手:ENDLICHERI☆ENDLICHERI

ENDLICHERI☆ENDLICHERIの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-04-11
商品番号:JECR-5
RAINBOW☆ENDLI9

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP