tsubomi

この曲の表示回数 5,407
歌手:

米倉千尋


作詞:

米倉千尋


作曲:

米倉千尋


突然 ふいに鳴り止まない 胸の非常ベル
意味なんて何もないと 分かっていたのに

そんな笑顔を向けられたら 身動きできないよ
だってこれは僕にとって 初めての恋なんだ

君のことを見てた 校舎の片隅
どれだけ月日が流れても 何一つ変わらない気持ち

いつかきっと 素直に話せるかな
熱くハート焦がすような この想いを伝えたい

偶然 君と二人きりの午後の教室
オレンジの光の中 すごく眩しく見えた

東京へ行く君に 何も言えなかった
予備校の帰り 外灯はぼんやりと僕を照らしてる

今はきっと 僕のがんばり時さ
いつかきっと この夢を叶えて 空を見上げよう

夢の桜が咲いたら 君に手紙を書こう
その時… まだ僕の初恋は終わらない

いつかきっと 素直に話せるかな
熱くハート焦がすような想い 伝えたい

今はきっと 僕のがんばり時さ
いつかきっと この夢を叶えて 空を見て笑おう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:tsubomi 歌手:米倉千尋

米倉千尋の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-04-25
商品番号:KICS-1300
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP