別れ曲でも唄って

この曲の表示回数 39,381
歌手:

前川清


作詞:

荒木とよひさ


作曲:

都志見隆


それを愛だと信じて 抱いてもらえば哀しい
指がくいこむ背中は ちがう女になるけど
夏の嵐 身も心も 奪いとってどこか逃げても
泣かないわ ひとり上手の 別れ曲(うた)でも唄って

それを女と呼んだら 恋をするのが恐くて
今度生まれてくるなら きっと男になりたい
過去も未来(あす)も 生きる途中 涙なんて夢のぬけがら
泣かないわ いい女なら 別れ曲でも唄って

それを涙と言うなら 愛は明日を知らない
これが最後の人だと いつも幻燈(まぼろし)みるだけ
白い夜明け 夢の深さ 胸の中が痛みだしても
泣かないわ 若くないから 別れ曲でも唄って
泣かないわ 若くないから 別れ曲でも唄って
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:別れ曲でも唄って 歌手:前川清

前川清の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-09-17
商品番号:PCCA-00479
ポニーキャニオン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP