この曲の表示回数 13,810
歌手:

清春


作詞:

清春


作曲:

清春


Ah 君を想う夜は、甘く香る風の中に
慰める様な優しさが僕を通り過ぎるよ

君が居ると聞こえてた
歌になった笑い声
飾れる言葉なんて何もない
時間は止まってスローで流れてる

今の僕は、孤独という自由さからはぐれてしまった後

痛い程知ってるよ
会話が途切れてしまったら、悲しいって

今の僕らは、空虚という人生から出掛けてしまった後

Ah 君を想う夜は、甘く香る風の中に
触れ合った頃の面影が僕を救う様に
Ah 君が歌うのなら遥か届け風を纏って
慰める様な優しさが僕を通り過ぎるよ

離れたって平気だね

思い出は色褪せない

Ah 君を想う夜は、甘く香る風の中で
消える理由も無い面影が僕を救う様に
Ah 明日気が付いたら、意味を失う言葉はあった?
付け足した様な過ちが僕に語りかけるよ
Ah あの日同じ夢が今は遠い風の中に
だけど君の未来、幸せがずっと続くように
Ah 君よ歌えるなら、僅か届いて影を縫って
慰める様な優しさが心、通り過ぎるよ

愛しさを僕に刻み付けるよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:slow 歌手:清春

清春の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-11-22
商品番号:LTCA-38
バウンシーレコーズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP