GOLD LYLIC 

試聴する

シャッター

この曲の表示回数 192,008
歌手:


作詞:

AIKO


作曲:

AIKO


見つめ合い出逢ったあの日
一緒に帰った黄色の道 時を止めたかった
夏が終わってしまう合図が…
涼しい風と共に全部連れて行った

あなたの前では擦り切れた靴のかかと気にしてばかりで
いつの間にか素直になるのを忘れてしまった

切りすぎた前髪右手で押さえて少し背を向けた
嫌われたくないから
うつむくあたしをからかったあなた
今はそれもあたしの夢の中だけ

寂しい時も逢いたい時も
いつも言えずにいた自分にため息付く

あの日のさよなら言い出したあたしの腕を掴んだ時
あなたに向かってゆけたらと今更下唇噛んだ

恥ずかしい顔で格好悪いキスをした
平気なフリして震える足
心のシャッター押して忘れない様に
胸の端っこに刻んだの

逢えない訳じゃないけれど 今は逢いにゆけない
もう少し自分を見つけたら電車に乗って橋を越えて…

切りすぎた前髪右手で押さえて少し背を向けた
嫌われたくないから
うつむくあたしをからかったあなた
今も変わらずに元気でいますか?

あなたとあたしの目の奥に生きる二人が
同じ笑顔であります様に…
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:シャッター 歌手:aiko

aikoの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-08-23
商品番号:PCCA-2315
ポニーキャニオン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP