花の三度笠

この曲の表示回数 16,813
歌手:

小畑実


作詞:

佐伯孝夫


作曲:

吉田正


男三度笠 横ちょにかぶり
おぼろ月夜の 旅がらす
可愛や小柳 とめずにお呉れ
あけりゃ明日の 風が吹く
世話にくだけて エー暮らしゃんせ

野暮な白刃にゃ からだを張るが
ままよにが手な 色出入り
こんな男に 惚れるなァおよし
末の苦労が 目に見える
想いつめずに エー暮らしゃんせ

花の三度笠 柳がなびく
乱れごころで なぜなびく
知らぬ振りして 峠を越えりゃ
またも身に沁む 通り雨
想い出すよな エーことばかり
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:花の三度笠 歌手:小畑実

小畑実の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-08-04
商品番号:VICL-41076
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP