試聴する

水に挿した花

この曲の表示回数 33,673
歌手:


作詞:

只野菜摘


作曲:

広谷順子


三日月からプラチナの光がもれる
気配にめざめた 部屋のかたすみに
揺れる天使を見た

くるぶしまでのびているレースのすそは
翼のかわりに はかなくひらめき
甘く語りかける

さぁ 少女のころに
返してあげましょう
かって愛された日を もう一度とり戻せるわ

あなたはたぶん あどけなさで 眠る時刻
彼女は肩にもたれながら やすらぐのね

恋する時 永遠をしばりはしない
だれもが傷つき 罪深いけれど
それも愛(いと)おしいわ

ああ ごめんなさいね
ついてはゆけない
形をかえた痛み ふたたび手に入れるだけ

花瓶の花がしおれそうで 気にかかるの
孤独で 水に挿(さ)すことさえ 忘れていた
こうしてひとり 肩を抱いて
夢をみるわ
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:水に挿した花 歌手:中森明菜

中森明菜の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1992-11-10
商品番号:WPCL-711
ダブリューイーエー・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP